横浜FM、新外国人FWカイケの獲得迫る…完全移籍での加入目前に

フラメンゴでプレーするカイケ [写真]=Getty Images

 横浜F・マリノスが、フラメンゴに所属するブラジル人FWカイケの獲得に迫っている。4日、ブラジルメディア『Globo Esporte』が伝えている。

 同紙によると、横浜FMがカイケの完全移籍での獲得に迫っている模様。横浜FMは当初、期限付き移籍を提案したものの、フラメンゴ側が拒否したことで、完全移籍での再オファーを提示したようだ。

 横浜FMの正式なオファーが届いた場合、条件的にフラメンゴ側が拒否することはできないと見られており、退団が確実と報じられている。なお、同選手は12月までフラメンゴと契約を残しているため、移籍金が発生する。

 現在27歳のカイケは、フラメンゴの下部組織出身。昨シーズン前半戦は、ブラジル2部のABCで20得点を挙げ、フラメンゴ復帰後の後半戦は、16試合に出場し6得点を記録した。今シーズンはひざの負傷が影響し、ペルー代表FWパオロ・ゲレーロの控えに甘んじている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事