五輪出場は絶望的…失点を悔やむ近賀ゆかり「DFがもっと踏ん張れれば」

  [2016/03/04]

右サイドバックとしてフル出場した近賀ゆかり(右) [写真]=ChinaFotoPress via Getty Images

 リオデジャネイロ・オリンピック 女子サッカー アジア最終予選の第3節が4日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)は中国女子代表に1-2で敗れた。3試合で1分け2敗、勝ち点1の5位に沈み、オリンピック出場は絶望的となった。

 試合後、DF近賀ゆかりが記者団の取材に応じた。

 右サイドバックとして2試合連続フル出場の近賀は「DFとしては2失点をしてしまったし、早い段階で失点をしてしまった。DFがもっと踏ん張ることができれば、自分たちのペースになったのかなと思う」と、14分にミスから喫した1失点目を悔やみ、「0-2になってから1点を返したけど、その後に追加点を取れなかったり…。いろいろな課題があるけど、気持ちの面が一番大きいのではないかと思う」と、絞り出すように話した。

 そして、今までの大会との違いがあったのか問われると「ここぞというところで失点してしまうところが…」と、答えていた。

 同予選は、2月29日から3月9日にかけて大阪府で開催。日本、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、オーストラリア、中国、韓国、ベトナムの計6チームが参加し、総当たりのリーグ方式で、上位2カ国にリオ五輪の出場権が与えられる。第3節終了時点で5位のなでしこジャパンは次節、7日にベトナムと対戦。中国は同日に韓国と対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

水樹奈々、7/13発売の34thシングルより収録曲情報を公開
[01:51 5/30] ホビー
林家たい平、24時間マラソンランナーに! 闘病中の師匠・こん平にパワーを
[23:27 5/29] エンタメ
Gカップ染谷有香、初体験の氷プレイに「恥ずかしさよりも凍えそうで…」
[23:00 5/29] エンタメ
Gカップ森咲智美、OS☆U卒業後の初DVDで「横乳がはみ出してしまって」
[23:00 5/29] エンタメ
[林家たい平]人生最高体重でひざに不安も 「24時間」マラソン「何とか完走を」
[22:26 5/29] エンタメ

特別企画 PR