「サッカーの難しさ」を痛感…宮間あや「最後まで信じてやり続ける」

 

敗戦後、大儀見(左)とともにピッチを後にする宮間 [写真]=Getty Images

 リオデジャネイロ・オリンピック 女子サッカー アジア最終予選の第3節が4日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)は中国女子代表に1-2で敗れた。3試合で1分け2敗、勝ち点1の5位に沈み、オリンピック出場は絶望的となった。

 試合後、主将MF宮間あやが記者団の取材に応じた。

 ミックスゾーンに現れた宮間は「本当に長い時間、このチームでやってきて、やることを変えていないのに結果を出せない。澤(穂希)さんはいなくなったけど、前からいる選手は大勢いる。結果が出ないと『自分たちのやってきたことは間違っていたのではないか』と思ってしまうところもあるけど、今までも自分たちや監督を信じてやってきた。それをやめることなく、最後までやりたい」と、キャプテンとして改めてチームへの信頼を言葉に並べた。

 今大会は3試合で1分け2敗と勝利を挙げることができていない。宮間は「プレーで“敵わない”と思う相手ではない。サッカーって難しいと思う。“敵わない”と思う相手に今までは勝ってきた。なぜ勝てないのか、それがサッカーの難しさであり怖さだと思う」と感想を明かし、「正直、何かに守られていたのかなと思うくらい、“入らないだろう”というゴールが入ったり、“絶対に入っただろう”というものが逆に入らなかったりしていた。勝負には時の運があるけど、それを引き寄せる力が自分たちになかった」と、話した。

 そして「ここまで何年も自分たちを信じてやってきたので、急にやることを変えても仕方ない。最後まで自分たちのサッカーをしたい」と、残り2試合に向けて必死に前を向いていた。

 同予選は、2月29日から3月9日にかけて大阪府で開催。日本、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、オーストラリア、中国、韓国、ベトナムの計6チームが参加し、総当たりのリーグ方式で、上位2カ国にリオ五輪の出場権が与えられる。第3節終了時点で5位のなでしこジャパンは次節、7日にベトナムと対戦。中国は同日に韓国と対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

又吉直樹、髪型のせいで何度も職務質問「夜中に1人で歩いているとよく…」
[13:41 6/26] エンタメ
松本人志、小沢氏激怒の古市氏を擁護 - "逆鱗"と"イチかバチか"のお笑い論
[13:33 6/26] エンタメ
[明日のとと姉ちゃん]6月27日 第73回 常子、食糧確保に農村へ 第13週「常子、防空演習にいそしむ」
[13:00 6/26] エンタメ
和田アキ子、舛添氏「ムカつく」- 英キャメロン首相の潔さと比較
[12:55 6/26] エンタメ
【レポート】門脇麦、独特の存在感の秘密は"読解力"? 表現だけでなく、"読み込む力"が優れた女優 - 監督は語る
[12:30 6/26] エンタメ