[日本アカデミー賞]「バケモノの子」が最優秀アニメーション作品賞に

  [2016/03/04]

「バケモノの子」のビジュアル (C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

 「第39回日本アカデミー賞」の授賞式が4日、東京都内で開かれ、最優秀アニメーション作品賞には細田守監督の3年ぶりの新作「バケモノの子」が選ばれた。

 「バケモノの子」は、「おおかみこどもの雨と雪」(2012年公開)などで知られる細田監督の3年ぶりの新作。人間界とバケモノ界が存在する世界を舞台に、孤独な少年とバケモノの交流が描かれている。声優として役所広司さん、宮崎あおいさん、染谷将太さん、広瀬すずさんらが出演した。

 優秀アニメーション作品賞には「心が叫びたがってるんだ。」、「百日紅~Miss HOKUSAI~」、「ドラゴンボールZ 復活の『F』」、「ラブライブ! The School Idol Movie」も選ばれていた。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

JR東海「新幹線なるほど発見デー」7月に開催 - 車体上げ実演は今回が最後に
[11:41 5/26] ホビー
トヨタ、配車サービスを手がけるウーバーとライドシェア領域での協業を検討
[11:36 5/26] ホビー
【連載】 山口健太のモバイルデバイスNEXT 【第10回】富士通が最新法人向けPCで、旧世代CPUを採用した裏事情
[11:35 5/26] 企業IT
東出昌大、初の刑事役を捉えた写真公開! 拳銃かまえ鋭い目つき
[11:30 5/26] エンタメ
事例・人材像・アーキテクチャモデルをコンテンツ化 - JDMC、整備に着手
[11:06 5/26] 企業IT

本音ランキング

特別企画 PR