「ビックカメラドットコム」でポイント不正利用、数十人が被害に

 

ビックカメラは3日、同社のインターネットショッピングサイト「ビックカメラドットコム」に不正アクセスがあり、利用者のポイントが不正利用されたと発表した。

同社の会員ID・パスワードが外部流出したり、同サイトへ不正アクセスされたりした痕跡はなく、第三者が外部で不正に取得した他サイトの会員ID・パスワードを用いて行われたとみられる。

発覚時期は2016年2月末頃で、対象利用者は数十人。流出したとみられる情報は、氏名、住所、連絡先、メールアドレス、購入履歴で、クレジットカード情報は含まれない。同社は事件発覚後、対象の会員IDに利用制限措置を施し、会員へ連絡を取り始めているという。警察にも連絡しており、詳細は調査中とする。

同社は、利用者に対し「ご心配をお掛けしたことをお詫び申し上げます」と謝罪。専用の電話窓口を設けて対応する。また、他サイトと同じID・パスワードを使わないこと、「ビックカメラドットコム」のパスワードを定期的に変更することを呼びかけている。

ビックカメラによる告知文

人気記事

一覧

新着記事

【連載】iPhone基本の「き」 第204回 セキュリティ質問を使いたくないなら……「2ステップ確認」の仕組みと登録方法
[11:00 7/2] スマホとデジタル家電
貯蓄額がいくらあったら結婚できると思いますか?
[11:00 7/2] マネー
ドスパラ、秋葉原「GALLERIA Lounge」で大型サイネージ設置記念セール開催
[10:58 7/2] パソコン
【ハウツー】液晶に貼るフィルムは2タイプあるってどういうこと? - いまさら聞けないAndroidのなぜ
[10:00 7/2] スマホとデジタル家電
【特別企画】世界王者「かずのこ」選手が語る、PCで格闘ゲームをプレイするメリットとは?
[10:00 7/2] パソコン