「ビックカメラドットコム」でポイント不正利用、数十人が被害に

 

ビックカメラは3日、同社のインターネットショッピングサイト「ビックカメラドットコム」に不正アクセスがあり、利用者のポイントが不正利用されたと発表した。

同社の会員ID・パスワードが外部流出したり、同サイトへ不正アクセスされたりした痕跡はなく、第三者が外部で不正に取得した他サイトの会員ID・パスワードを用いて行われたとみられる。

発覚時期は2016年2月末頃で、対象利用者は数十人。流出したとみられる情報は、氏名、住所、連絡先、メールアドレス、購入履歴で、クレジットカード情報は含まれない。同社は事件発覚後、対象の会員IDに利用制限措置を施し、会員へ連絡を取り始めているという。警察にも連絡しており、詳細は調査中とする。

同社は、利用者に対し「ご心配をお掛けしたことをお詫び申し上げます」と謝罪。専用の電話窓口を設けて対応する。また、他サイトと同じID・パスワードを使わないこと、「ビックカメラドットコム」のパスワードを定期的に変更することを呼びかけている。

ビックカメラによる告知文

人気記事

一覧

新着記事

宇宙人のメッセージ? - 太陽系から94光年離れた恒星系より"強い信号"を受信
[09:24 8/31] テクノロジー
【特別企画】若手にこそ新製品開発のチャンスを- 老舗切削工具メーカータンガロイ社員に直撃
[09:00 8/31] テクノロジー
無償でもこんなに使える! LibreOffice基本講座 第9回 タイトルや見出しで移動する
[09:00 8/31] 企業IT
ゼロからわかるEMC 第5回 EMCの試験 - EMS
[09:00 8/31] テクノロジー
受動喫煙による肺がんリスクは約1.3倍 - 国がんが日本人を対象に解析
[08:30 8/31] テクノロジー