【予想スタメン】ネルシーニョvs吉田達磨…神戸は渡邉ら攻撃陣の奮起が必須

攻撃の軸として期待が掛かる渡邉千真 [写真]=Getty Images

■ヴィッセル神戸 攻撃面の立て直しは急務、大卒ルーキーの2人に期待

 甲府との開幕戦を0-2で落とした神戸。レアンドロとペドロ・ジュニオールの2トップ気味の4-2-3-1システムで挑んだものの、シュート数は甲府の半分にあたる5本のみ。守備ではマークの受け渡しなどの連係ミスもあり、カウンターから甲府のクリスティアーノに2失点を喫した。ただ、その中で韓国代表GKキム・スンギュは好セーブを連発。格の違いを見せつけた点はプラス材料と言えるだろう。

 開幕戦を見る限り、テコ入れが必要なのは守備よりも攻撃だ。ビルドアップ能力に長けたセンターバックの岩波拓也は、開幕戦を振り返り、「後ろに人数を掛けすぎ。前に4人しかいないから攻撃に移れない」と話す。相手にブロックを組まれた中で、誰にボールを収め、また誰が攻撃のスイッチを入れるのか。両サイドバックのオーバーラップの数も少なく、プレシーズンマッチの岐阜戦を含め、2試合で決定機らしい決定機は岐阜戦で渡邉千真が得点したシーンくらい。攻撃面の再構築は急務だ。

 新潟戦に向けて、神戸は練習の中に縦パスを意識するメニューも追加。渡邉は「センターバックからではなく、中盤から縦パスを入れて仕掛けていかないと厳しい。新潟のプレスを交わしながらスペースへパスを出すなど攻撃の形を作りたい」と話す。レオ・シルバやラファエル・シルバなどタレント豊かな新潟オフェンスをどう抑えるかも大切だが、神戸はボランチ松下佳貴やドリブラー小林成豪らリズムを変えられる大卒ルーキーの起用方法も含めて、どう攻めるかがポイントになるはずだ。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
4-2-3-1
GK
キム・スンギュ
DF
高橋祥平
岩波拓也
伊野波雅彦
田中雄大
MF
三原雅俊
藤田直之
P・ジュニオール
石津大介
渡邉千真
FW
レアンドロ


■アルビレックス新潟 新戦力が躍動、吉田監督の采配にも注目

 湘南戦は手応え十分の勝利だった。4-1-4-1の新フォーメーション、新戦術が機能したからだ。ルーキーの早川史哉、期限付き移籍から戻ってきたプロ4年目の小塚和季ら、先発した若手がプレッシャーに押しつぶされず、堂々とプレーしたことも好材料だ。

 ただ、得意のカウンターから2点を挙げ、完封する勢いだっただけに、試合終了間際にPKから失点したのは反省点。それもDFイム・ユファンを投入し、3バックにして勝ち切る態勢を取った後にチーム戦術にほころびが出たことを、吉田達磨監督も残念がった。

 改善点は他にもある。普段の練習ならつなげるパスコースが、見えていないこともあったと吉田監督は指摘。新潟の武器である縦への速さが生かされ、2ゴールが生まれたが、今後はさらに押し込まれた状況でも自分たちでボールを動かし、押し返す反発力を身につけたいところだ。

 開幕戦で、チームは収穫と課題の両方を得た。今週のトレーニングは厳しい寒さと風雨、ときには雪の中で行われたが、勝って反省できることを喜ぶ選手たちは、連勝に向けて高いモチベーションを保っている。

 吉田監督にとっては、現役時代に日立製作所の先輩だった湘南の曹貴裁監督、柏で監督と強化部ダイレクターと言う関係だった今節のネルシーニョ監督と、よく知る指揮官と続けて対戦することになる。研究熱心な吉田監督だけに、最大限の敬意を払いつつ、勝機を逃さないための準備には余念がない。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-1-4-1
GK
守田達弥
DF
小泉慶
早川史哉
大野和成
コルテース
MF
小林裕紀
ラファエル・シルバ
小塚和季
レオ・シルバ
山崎亮平
FW
指宿洋史


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事