Y!mobile、iPhone 5sを販売開始 - 端末代の実質0円プランは提供せず

 

ソフトバンクとウィルコム沖縄は、Y!mobileブランドにおいて、アップルの「iPhone 5s」の販売を全国のワイモバイルショップで開始した。当初予定されていた端末代金が実質0円となるプランは提供が見送られている。

3月4日より販売が始まったiPhone 5s

今回発売となったのはiPhone 5sの16GBと32GBモデル。カラーはスペースグレーとシルバーの2種類を用意している。なお、発売時は、シルバーは16GB、スペースグレーは32GBのみの提供となる。端末の価格は一括購入の場合、16GBモデルは58,800円、32GBモデルは64,800円(いずれも税抜き。以下同)。24回の分割払いも用意されており、その場合、月々の端末代は16GBモデルが2,450円、32GBが2,700円となっている。

スマホプランS/M/Lから選択が可能

料金プランはスマホプランS/M/Lから選択が可能で、各プランの月額は2,980円(S)、3,980円(M)、5,980円(L)となっているが、これに割引が適用され、16GBモデルの場合は、月々の支払いがスマホプランSは1,000円、Mは500円、Lは100円、32GBモデルの場合、スマホプランSが1,250円、Mが750円、Lは100円となる。

学割プランも用意

学割プランも用意されており、こちらは初年度の月々の支払いが各プランの1,000円引きとなる(2年目以降は通常価格となる)。

発売がアナウンスされた当初、16/32GBモデルともに、スマホプランLを選択した場合、端末の代金が実質0円となる予定だったが、料金が改定され、端末の実質負担額は月額100円となった。

今回、月々の実質負担額が変更となった件について、ソフトバンク広報は「昨今の事情に配慮して」とコメントしている。

総務省は今年2月2日、各キャリアで提供していた「実質0円」のような端末割引を強制的やめさせるためのガイドライン(指針)案を発表しているが、本件については、総務省や現政権からの横槍が入った、ということではないようだ。

また、今回販売されるiPhone 5sはY!mobileのSIMロックがかかっており、ロック解除には対応しない。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

35万円を超える10.1型Let'snote20周年モデルにその価値はあるか? - 第3回 RZとパフォーマンス
[06:00 8/24] パソコン
『つるピカハゲ丸』の漫画家・のむらしんぼ、壮大なしくじり体験を告白
[06:00 8/24] エンタメ
尾野真千子、本格サスペンスで濡れ場にも挑戦「大変がほとんどでした(笑)」
[06:00 8/24] エンタメ
仲代達矢、玉木宏と初共演に「大変緊張」 - 永田町のドン役で対峙
[06:00 8/24] エンタメ
残念OLはキラキラ妄想がお好き 第51回 自信持っていいかな!?
[06:00 8/24] ライフスタイル