宮崎夏次系が宮沢賢治「貝の火」題材にコラム執筆、まんがくらぶで

 

まんがくらぶ4月号

宮崎夏次系が、本日3月4日に発売されたまんがくらぶ4月号(竹書房)の連載コラムコーナー「オトナの読書感想文」に寄稿。宮沢賢治「貝の火」を題材にしたイラストとテキストを披露している。

また同号では、2巻が3月7日に発売されることを記念して迂闊「のみじょし」がセンターカラーで登場。通常の4コマ形式ではなく、ストーリーマンガが展開されている。読み切り「週末美術部」で好評を博した原田繭は、同作のショート版「いとまに美術部」で再登場した。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[バナナマン・設楽]日村からの“サプライズ”に困る 人気の柴犬「まる」も登場
[21:03 7/24] ホビー
都知事候補の女子大生淫行疑惑、巨人エースのお持ち帰り、ASKAの新ブログ - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5
[21:00 7/24] エンタメ
[中川翔子]ポケモン映画に10年連続でゲスト出演 「サトシの人生一人分!」の歴史に感無量
[20:37 7/24] エンタメ
[市川染五郎]「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」で初アニメ声優 「ギャップを楽しんで」
[20:19 7/24] エンタメ
ハルとアキ 第46回 自信なんてないよ
[20:00 7/24] ライフスタイル

本音ランキング