オートデスクとシーメンス、製品間の相互運用性を向上させる取り組みを開始

 

オートデスクとシーメンスPLM(シーメンス)は3月3日、両者のソリューション間の相互運用性を向上させる取り組みに関する契約を締結したと発表した。

同取り組みでは各社のソリューションで作成したデータをシームレスに使用可能とすることを目指し、オートデスクのAutoCAD、Inventor、シーメンスのNX、Teamcenter、Tecnomatixなどの製品開発においてAPIや標準フォーマットを共有するという。これにより、マルチCAD環境を持つ企業におけるデータ共有の簡素化とコスト削減に貢献することができるとしている。

なお、具体的な製品開発および販売のスケジュールは未定となっている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

川島海荷、『ZIP!』新MC就任で滑舌強化トレーニング「結構、激しかった!」
[21:00 10/1] エンタメ
西内まりや、初主演作『CUTIE HONEY』の舞台あいさつで胸の谷間をチラ見せ
[21:00 10/1] エンタメ
[高専ロボコン2016]関東甲信越大会をライブ配信 YouTubeなど初の外部プラットフォームも NHK
[20:48 10/1] エンタメ
「5時から9時まで」の相原実貴、“耽美×ラーメン”紡ぐ小説の装画を描き下ろし
[20:23 10/1] ホビー
映画キューティーハニーが封切り、永井豪がいやらしくハニーを見るため奮闘
[19:46 10/1] ホビー