オートデスクとシーメンス、製品間の相互運用性を向上させる取り組みを開始

 

オートデスクとシーメンスPLM(シーメンス)は3月3日、両者のソリューション間の相互運用性を向上させる取り組みに関する契約を締結したと発表した。

同取り組みでは各社のソリューションで作成したデータをシームレスに使用可能とすることを目指し、オートデスクのAutoCAD、Inventor、シーメンスのNX、Teamcenter、Tecnomatixなどの製品開発においてAPIや標準フォーマットを共有するという。これにより、マルチCAD環境を持つ企業におけるデータ共有の簡素化とコスト削減に貢献することができるとしている。

なお、具体的な製品開発および販売のスケジュールは未定となっている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[AAA宇野実彩子]最新写真集のお気に入りは「裸オーバーオール」 “ナンパ”も明かし「うれしい」
[14:21 7/31] エンタメ
[KARAヨンジ]現在は1人で活動 KARAへの思い、今後、そしてプライベートまで語る
[14:00 7/31] エンタメ
『スーサイド・スクワッド』のデヴィッド・エアー監督、すでに続編に意欲
[14:00 7/31] エンタメ
マット・デイモン、1年間の俳優活動休止へ
[13:36 7/31] エンタメ
ウーマン・村本、ポケGO否定派叩く風潮「気持ち悪い」 - 炎上やく氏は"侮蔑"
[13:31 7/31] エンタメ