「パブリッククラウドなどの拡大でWANサービス市場は構造変化」 - IDC調査

 

IDC Japanは3月3日、通信事業者が法人向けに提供するWAN(Wide-Area Network、広域ネットワーク)サービスの国内市場予測と市場シェアを発表した。

パブリッククラウド用途のWANサービス市場規模と、事業者データセンター間接続用途のWANサービス市場規模の予測は、同社では初めての試みだという。

同社によると、パブリッククラウド用途のWANサービス市場は、2015年の市場規模が58億円、前年比成長率65.0%と急速に成長しているという。また国内事業者データセンター間接続用途のWANサービス市場規模も、2015年の市場規模が98億円、前年比成長率15.5%と順調に成長しているとのこと。これらは、国内WANサービス市場全体の2015年の市場規模が7,031億円、前年比成長率マイナス0.1%であることを考えると、小規模ながらも急成長しているセグメントだと、同社は述べている。

また、パブリッククラウドやデータセンター間接続にも多く用いられるイーサネット専用線市場の事業者別売上額シェアでは、NTTコミュニケーションズ(売上額シェア46.1%)やKDDI(同16.1%)といった大手通信事業者以外に、Coltテクノロジーサービス(売上額シェア12.1%)、アルテリア・ネットワークス(同10.8%)、TOKAIコミュニケーションズ(同5.4%)のような中堅通信事業者が健闘している結果となった。

国内イーサネット専用線サービス市場 事業者別 売上額シェア(2015年)

IDC Japan コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストの小野陽子氏は「パブリッククラウドなどのサービス利用の拡大に伴いWANサービス市場の構造変化が始まっている。通信事業者は、急成長しているサービスプロバイダの迅速な帯域増強ニーズを支援するなど、サービスプロバイダへのエンゲージメントを強化すべき。また企業向けにはパブリッククラウドへのオンデマンド接続などWANサービスの高度化を図るべき」と述べた。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

船越英一郎、亡き父が演じた役に挑戦 -『黒い十人の女』を連ドラでリメイク
[06:00 7/29] エンタメ
ソニー、電池事業を村田製作所に譲渡へ - 具体的な対象範囲は今後精査
[06:00 7/29] テクノロジー
うーさん 第9回 うさん
[06:00 7/29] ライフスタイル
山本舞香、髪をバッサリ切ってイメージ一新!蕎麦職人になりたい家出娘に
[05:00 7/29] エンタメ
[福士蒼汰]主演映画で大阪弁に挑戦 “やすきよ”漫才で勉強
[05:00 7/29] エンタメ