Samsung、15.36TBの2.5インチSSD 「PM1633a」の出荷を開始

 

Samsung Electronicsは3月3日、最大15.36TBのエンタープライズ向け2.5インチSSD「PM1633a」の出荷開始を発表した。15.36TB以外のラインナップは、7.68TB、3.84TB、1.92TB、960GB、480GB(今年後半に出荷)となっている。

PM1633aは、Samsungが昨年8月に2015 Flash Memory Summitで発表した256G-bitのV-NANDチップを搭載している。同社は第3世代のV-NANDテクノロジーでメモリーセルの積層数を48層に増やし、256G-bitの大容量を実現した。256G-bitのダイを16層重ねると512GBパッケージになり、15.36TBのPM1633aは32個のNANDフラッシュ・パッケージを備える。PM1633aを発表した当時、同社は15TB超のSSDについては「未定」としていたが、製品化に踏み切った背景についてSamsungのJung-bae Lee氏は「エンタープライズ向けストレージシステムをけん引するメーカーからの超大容量SAS (Serial Attached SCSI) SSDに対するニーズが増大しており、その要求を満たすために我々は最大限の努力を行う」と述べている。

Samsungによると、16GBのDRAMを搭載し、12G-bit/sのSASインターフェイスのPM1633a SSDは、ランダム性能がリード最大200,000 IOPS、ライト最大32,000 IOPSだ。これはSASタイプのハードディスクのおよそ1,000倍のパフォーマンスになる。シーケンシャルではリードおよびライトが最大1,200MB/sとなっており、同社は「標準的なSATA SSDの倍以上」とアピールしている。また、15.36TB PM1633aドライブは1DWPD (Drive Writes Per Day)をサポートしている。つまり、1日に1回、15.36TBの全容量を書き換えられる耐久性能を備える。

人気記事

一覧

新着記事

オリンパス、「OM-D E-M5 Mark II」に「12-40mm F2.8 PRO」のレンズキット
[12:40 6/29] 家電
ベライゾン、「2016年データ漏洩/侵害調査報告書」の日本語要約版
[12:26 6/29] 企業IT
ネットショッピングで最も使うデバイスは「スマホ」 - MMD調べ
[12:14 6/29] 企業IT
NXPがトップに躍進、ルネサスは3位に - 2015年の車載半導体企業ランキング
[12:12 6/29] テクノロジー
【連載】腰野4姉弟の奇妙な日常 第6回 腰痛を選ぶべきか正座のしびれを選ぶべきか、それが問題だ
[12:06 6/29] ヘルスケア