立川談春、『下町ロケット』は「全然女優さんいなかったけど楽しかった」

 

落語家の立川談春が、関西テレビ・フジテレビ系トーク番組『さんまのまんま』に初出演し、昨年ヒットしたドラマ『下町ロケット』の撮影秘話や師匠・立川談志について語る。関西テレビは5日(13:56~14:25)、フジテレビは20日(13:00~13:30)に放送される。

明石家さんま(左)と立川談春

談春は『下町ロケット』で、阿部寛演じる主人公・佃航平が経営する佃製作所の経理部部長・殿村直弘役を熱演したことで話題に。今回は、その役衣装である事務服姿で登場し、さんまに「佃製作所の殿村です」と丁寧にあいさつした。撮影時は、「全然女優さんがいなかった」とこぼしながらも、男性俳優ばかりが集まって楽しい現場だったと振り返る。

しかし、そんな仲むつまじい共演者たちとの撮影中、一度だけもめ事が発生。意見が真っ二つに分かれ、白熱した中本賢が「よく談志さんの弟子が務まりますね!」と怒りまくったほどだったという。

談春は、破天荒な生きざまで知られる故・7代目立川談志に17歳で弟子入り。当時を「新聞配達をしながら修業していた」と思い返す。その頃、談志から「お前ら(弟子)の全てが俺のマイナスだ」と糾弾され、月謝として"上納金"を請求されたことや、東京・築地の魚河岸で1年間修業をさせられたことなど、驚きのエピソードが次々と飛び出す。

このように豪快さが目立つ談志だが、談春は「優しいところもあるんです」と口にする。意外なかわいらしい話を披露すると、さんまも自身の師匠・笑福亭松之助の逸話を語り始め、互いの師匠についてのエピソード合戦がスタートしてしまう。

関連キーワード

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

東急電鉄「東急線アプリ」目的地までの所要時間実績を表示するサービス導入
[00:01 7/29] ホビー
[メイプル超合金・カズレーザー]CM初出演で“全身赤”封印 オレンジポロシャツで“パン田くん”とダンス共演
[00:00 7/29] エンタメ
[激マン!]永井豪の自伝的マンガ「キューティーハニー編」突入 主人公は女の子マンガ家
[00:00 7/29] ホビー
しりあがり寿、休館前パルコの展覧会で「ひとまずシメ」る立体作品飾る
[23:55 7/28] ホビー
阪急電鉄、西宮北口駅隣接地に「西宮北口阪急ビル」建設 - 2018年秋完成へ
[23:54 7/28] ホビー

本音ランキング