ウサギ警官が泥棒イタチを追跡!『ズートピア』新映像でネズミの街も披露

  [2016/03/03]

ユニークな動物たちの楽園を舞台とするディズニー最新作『ズートピア』(4月23日公開)の主人公・ジュディが繰り広げるアクションシーンのクリップ映像が3日、公開された。

ドーナツのオブジェを抱えて市民を助けるジュディ

公開された映像は、もふもふの毛並みに大きな瞳を持つジュディが新米警察官として駐車違反の取り締まりをしている最中、突如発生したイタチの泥棒を追跡するシーン。田舎町からやってきたジュディは、「やっと実力を発揮できる」という自信と「悪者を自分の手で捕まえてみせる!」というやる気にあふれ、ズートピアを駆け抜ける。

2人が行き着いた先は、ネズミをはじめ、ズートピアの中で最も小さな動物たちが暮らすミニチュアサイズのオシャレな街、リトル・ローデンシア。店や道など全てがネズミのサイズで、大きな動物が間違って入ってこないよう、高いフェンスで囲まれた地域だ。警察官仲間の間では小柄なジュディだが、この街ではまるで巨大化したようなサイズ感に。終盤では、怒ったイタチが蹴飛ばして転がったドーナツのオブジェがミニサイズの市民を襲っているところを、間一髪で助けだす。

これらの動物のサイズ感について、プロデューサーのクラーク・スペンサーは「現実に即した描き方をしたいと考えました」と明かす。また、「これまでのアニメーション映画ではほとんど行われてこなかったこと」と自信たっぷりに話すようにリアルな大きさの描写によって、劇中ではユニークな演出の数々が繰り広げられている。

さらに、本作のこだわりの一つは、動物の気持ちになってデザインされた町。人間が作ったものではないということを意識されて作られたこの世界観は、人間の技術やノウハウを使いつつ「ネズミだったらどうやって都市を設計するだろう?」など考えて創造された。映像内のリトル・ローデンシアは、通路にチューブが活用されたり、回し車がエクササイズ器具のように使われていたりとミニサイズの動物の気持ちに立ったアイデアが満載。加えて、昔のアメリカ・ブルックリンをベースにしながら、作り上げられたという美しい街並みも都会ならではのぜいたくさがある。


(C)2016 Disney. All Rights Reserved./Disney.jp/Zootopia

関連キーワード

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

石黒彩、モー娘。時代は「低収入ではなかった」- 番組での発言を訂正・謝罪
[23:06 5/30] エンタメ
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - ASUSが予告どおりZenFone 3シリーズ発表、6.8型の大画面「ZenFone 3 Ultra」も
[22:46 5/30] パソコン
鈴木亮平、台湾で『変態仮面』続編をアピール「アジアを代表するHEROに!」
[22:30 5/30] エンタメ
「S―最後の警官―」“その後”の描き下ろしも!実写化もされたマンガの最終巻
[22:23 5/30] ホビー
フリーターの青年が出会ったのは挙動不審なお姉さん、桃月すず最新刊
[22:16 5/30] ホビー

本音ランキング

特別企画 PR