アストンマーティン「DB11」ジュネーブモーターショーに! 「第2世紀」第1作

 

アストンマーティンはスイスで開催された「ジュネーブ国際モーターショー」にて、新型「DB11」を初公開した。同社は103年の歴史を持ち、「DB11」は野心的な「第2世紀」計画の第1作であるとしている。V12エンジンを搭載し、軽量と強度を両立する接着アルミニウム構造を採用する。

アストンマーティン「DB11」

エンジンはアストンマーティンが自社設計で新開発した5.2リットルのV12ツインターボで、最高出力は608PS。0-100km/h加速はわずか3.9秒、最高速度は322km/hとなっている。トランスミッションは8速オートマチックで、ドライバーが4つのモードを自由に設定できるダイナミック・モードも搭載する。

装備はテクニカルパートナーであるダイムラーと共同開発した最先端のテクノロジーと、熟練工によるハンドメイドを巧みに融合。フルカラー12インチTFT液晶ディスプレイを採用した新しいインストルメント・クラスターに主要な車両情報が表示される。センターマウントされた第2のディスプレイはインフォテインメント専用となっている。

「DB11」はグランドツアラーとして設計されており、大きなドア開口部と大幅に拡大されたキャビンスペース、2座のチャイルドシートが固定できるリアISOFIXアンカー、2個の大型ボストンバッグと手荷物用バッグを収納できるラゲッジ・コンパートメントを備える。豊富なカラーセレクションやオプションにより、オーナーの嗜好を反映したインテリアをつくり上げることもできる。

同車の価格は15万4,900ポンド(英国)、20万4,900ユーロ(ドイツ)、21万1,995ドル(米国)からとなっており、納車開始は2016年第4四半期を予定している。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ナイナイ岡村、有吉&夏目アナの熱愛報道「怪しい」「何かしらあったと思う」
[08:45 8/26] エンタメ
キヤノン、EOS 5D Mark IVの発売記念キャンペーン「POWER OF FIVE」
[08:30 8/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】IoTとモビリティがもたらす「つながる」世界はいかにして実現されるか - ハードウェア開発者必見のPCB Systems Forum 2016が、9月8日(木)より開催
[08:30 8/26] テクノロジー
日産「GT-R NISMO」2017年モデル発売 - 日産車で最大のダウンフォース実現
[08:23 8/26] ホビー
[吉田羊]日本版「コールドケース」のポスタービジュアル公開
[08:00 8/26] エンタメ