LG、IPSハーフグレアパネル採用で税別31,000円前後の31.5型ディスプレイ

 

LGエレクトロニクス・ジャパンは3日、31.5型フルHD液晶ディスプレイ「32MP58HQ-W(ホワイト)」「32MP58HQ-P(ブラック)」を発表した。10日に発売し、店頭予想価格は税別31,000円前後。

32MP58HQ-W(ホワイト)

32MP58HQ-P(ブラック)

ハーフグレア(半光沢)タイプのIPS液晶パネルを採用し、光の反射による見づらさを抑えつつ、適度な光沢感を表現する。付属のソフトウェア「OnScreen Control」によって、明るさやコントラスト、ピクチャーモードの選択といった設定が可能なほか、アプリケーションごとに個別のピクチャーモードを適用する「My Display Presets」、ウィンドウを自動的に画面上に整列して表示できる「Screen Split」が利用できる。

また、疲労の原因といわれるフリッカーやブルーライトを低減する「フリッカーセーフ」「ブルーライト低減モード」に加え、低解像度の映像をアップコンバートする超過遺贈技術「Super+ Resolution」、赤や緑の配色を調整する「色覚調整モード」を搭載する。

画面解像度は1,920×1,080ドットのフルHD、視野角は上下左右で178度、輝度は250cd平方メートル、コントラスト比は1,200:1、応答速度は5ms(GtoG)。インタフェースはHDMI×1とD-sub×1の2系統。リフレッシュレートはアナログが56~63Hz、デジタルが56~61Hz。

スタンドは半円形のクレセントデザインによる「アークラインスタンド」を採用。チルト角度は前5度、後ろ10度。本体サイズは約W727×D205×H492mm、重量は6.5kg。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

カーエレクトロニクスの進化と未来 第91回 冗長構成に向いたARMのCortex-R52安全管理プロセッサ
[09:00 9/27] テクノロジー
「実は損している」節約行動4選
[09:00 9/27] マネー
無償でもこんなに使える! LibreOffice基本講座 第12回 最新版がリリース、LibreOfficeをアップデートしよう
[09:00 9/27] 企業IT
【連載特別企画】広がるMATLAB/Simulinkの世界 第3回 MATLABを使った鉄道の乗り心地の可視化ツール - 鉄道総合技術研究所
[09:00 9/27] テクノロジー
フジ新人永尾亜子アナ『みんなのニュース』で初レギュラー「一歩一歩」
[08:31 9/27] エンタメ