エブリセンスら4社、海洋データを用いた漁業支援IoTの共同研究開発を開始

 

エブリセンスは3月2日、インフォコムと光電製作所、ブロードバンドタワーと共同で、IoT分野に関する技術を用いて漁場や海洋情報の収集および共有システムの共同研究開発プロジェクトを開始したと発表した。

共同研究のイメージ

まず、エブリセンスと光電製作所で、魚群探知機をネットワークを介して制御、データ収集する「EveryStampFF(Fish- Finder)」を開発。同システムは、魚群探知機のソナー制御とデータ収集を行う小型センサーボックスを、ネットワークにより分散連携することで、複数の魚群探知機を連携動作させることが可能だという。これにより、同一船舶、母船-僚船間など、複数箇所での魚群情報を連携することができるようになるとしている。

また、ブロードバンドタワーが持つデータセンターや、インフォコムが持つデータ分析技術を組み合わせることによって、水揚げ港や水産管理施設など地上側との連携により、より広域にリアルタイムな情報共有プラットフォームが提供可能となる予定とした。

今後は、リモート・センシング技術センターの提供する衛星データなどとの連携により、水深、水質、水温、潮目、潮流、風向、風速、波高などの海洋情報との統合的収集、分析への展開を進める予定となっている。

なお、本共同研究開発の開始に伴い、「EveryStampFF」が、ジャパンインターナショナルボートショー2016にてデモ展示される。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事