知英、イケメン男子に初変身「女性であること忘れた」「新たな一面見て」

 

元KARAで女優の知英(ジヨン)が主演映画『片想いスパイラル』(7月2日公開)で、初の男性役に挑戦することがこのほど、わかった。

映画『片想いスパイラル』で男性の留学生・ソヨンを演じている知英

知英が本作で演じるのは、切ない恋に苦悩する留学生・ソヨン。性同一性障害で身体は女性でも心が男性という難しい役どころだ。ソヨンは、役作りのために筋トレを行った上でのケンカのアクションシーンや、初の喫煙シーンも披露する。外見だけでなく、男性としての心の葛藤も演技で表現したことから、現場では知英演じるソヨンに魅了される共演者やスタッフらが続出したという。

劇中ではソヨンを中心に、片思いするシェアハウスの同居女性・ユキと、そのユキから思いを寄せられながらもソヨンのことが好きな男友達・一の三角関係によるラブストーリーが展開。『ヒメアノ~ル』(5月28日公開)でヒロインを務める佐津川愛美がユキ役を、韓国のCMやバラエティに出演している男性グループ・CROSS GENEのTAKUYAが一役を務める。メガホンを取り、脚本を手掛けるのは『小川町セレナーデ』(14年)で、新藤兼人賞と銀賞を受賞した原桂之介監督。

知英は、今回の難役にあたって「タバコを吸うシーンなど細かいしぐさまで男性になりきれるよう、普段から注意して男性の動きを観察」しながら、「心の部分の役作りは監督と綿密な打ち合わせをして進めました」と明かす。また、「不思議なもので男性の格好になると、はじめはぎこちなかったしぐさが自然にしっくりくるようになり、自分が女性であることを忘れてしまいました」とも告白。その没頭ぶりは「撮影が終わった後も歩き方が男っぽいままで、次の作品で注意された程」だと口にする。さらに、「家族に写真を送ったら『息子ができた』と言われました」とエピソードを披露しながら、「そんな私の新たな一面を見ていただけたらうれしい」とアピールした。

場面写真

(C)「全員、片想い」製作委員会

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

羽鳥アナ、苦手な芸能人を実名告白「本気で困っている」
[07:00 8/31] エンタメ
テクノロジーとポップカルチャーの融合を日本で - 「東京コミコン」12月に開催
[07:00 8/31] 企業IT
ASUS ZenFone 3デザイナーが語るその秘密 - 日本投入は9月予定
[07:00 8/31] スマホとデジタル家電
電力事業者の新設が多い都道府県は?
[07:00 8/31] マネー
夫婦のLINE 第222回 ダメな所を認めることが逆説的に自己肯定につながる
[07:00 8/31] ライフスタイル

本音ランキング