ゴーグル型ARデバイス「Meta」開発版、AR体験が向上した第2世代登場

 

ヘッドマウント型のAR(拡張現実)デバイスを開発する米Metaが「Meta 2 Development Kit」の予約受け付けを開始した。価格は949ドル。出荷開始は今年第3四半期を予定している。

Metaは、ニューロサイエンスを用いた直観的なコンピューティングの実現を目指している。ゴーグルのように装着するデバイスは透過型ディスプレイを備え、現実世界にデジタルのオブジェクトやアイテムを重ね合わせたAR体験を実現する。第2世代の開発者向けキットであるMeta 2 Development Kitでは、手を動かしてデジタルオブジェクトに触れたり、動かせるようになった。クリックやボタンを押すことなく、自然な手の動きで様々な操作をこなせる。たとえば、機械の組み立て方法を伝える場合、離れた場所にいる人に対してもMetaならデジタルオブジェクトで表示した機械に触れながら説明できる。リモートコラボレーションが容易になる。他にも、骨の3D映像を動かしながら骨折の状態を示したり、ビルの建築予定地に3Dモデルの建物映像を重ねて表示させるなど、様々な用途に活用できる。

Meta 2はディスプレイ解像度が2560×1440で視野角が90度。手の動きやポジションをトラッキングするセンサーアレイと720pカメラをフレーム前部に搭載し、耳の周囲に4つのスピーカーを備える。HDMI 1.4bまたはDisplayPortを通じてPC(Windows 10または8.x)と接続する。

人気記事

一覧

新着記事

アプリで"クサくないタクシー"を予約できる!? - P&Gが「ファブタク」開始
[16:26 8/30] マネー
阪急電鉄「スヌーピー&フレンズ号」神戸線・宝塚線・京都線で装飾列車運行
[16:24 8/30] ホビー
中古品の購入に慎重になる価格帯は?
[16:24 8/30] マネー
「本業を通じた社会貢献を実感できる」企業、1位は?
[16:21 8/30] シゴト
東京モノレール「モバイルSuica」で乗ると最大1万円当たる共同キャンペーン
[16:16 8/30] ホビー