ZMP、「RoboCar Mini Van」の公道実験向けパッケージを販売開始

 

ZMPは3月2日、自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar Mini Van公道走行パッケージ」の受注を開始したと発表した。

「RoboCar Mini Van公道走行パッケージ」は市販のハイブリッドミニバンをベースとした「RoboCar Mini Van」に、周囲をセンシングするレーザスキャナ、ステレオカメラ、車両の位置や挙動を計測するGPSや慣性センサ、取得したセンサデータを統合し自動運転を行う車載コンピュータIZACなどを搭載した実験用車両。同パッケージは2月29日より神奈川県藤沢市で実施されているロボットタクシーによる自動運転体験サービス実証実験ですでに利用が始まっている。

RoboCarシリーズはこれまで、テストコースでの利用を対象としてきたが、同製品では公道での自車位置測定に必要な高精度マッピングの利用や、ナンバーの取得、公道走行時のリスクアセスメントについてもサポートする。ベース車両はトヨタ・エスティマハイブリッドだが、他車両の対応も可能だ。

RoboCar Mini Van

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[ハドソン川の奇跡]トム・ハンクス&アーロン・エッカートに聞く「みんなで力を合わせれば…」
[19:23 9/25] エンタメ
[アニメ1週間]「君の名は。」が興収100億円突破 水樹奈々が初の甲子園ライブ
[19:00 9/25] ホビー
Photokina 2016、タムロンブースで望遠ズーム新作「SP 150-600mm」を構える
[18:36 9/25] スマホとデジタル家電
ミュージカル「忍たま乱太郎」第8弾は5年生が主役!兵庫水軍と初忍務
[18:30 9/25] ホビー
[今週の新刊]10月アニメスタートの「3月のライオン」が登場 「狼と香辛料」「マイぼーる!」も
[18:30 9/25] ホビー