ZMP、「RoboCar Mini Van」の公道実験向けパッケージを販売開始

 

ZMPは3月2日、自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar Mini Van公道走行パッケージ」の受注を開始したと発表した。

「RoboCar Mini Van公道走行パッケージ」は市販のハイブリッドミニバンをベースとした「RoboCar Mini Van」に、周囲をセンシングするレーザスキャナ、ステレオカメラ、車両の位置や挙動を計測するGPSや慣性センサ、取得したセンサデータを統合し自動運転を行う車載コンピュータIZACなどを搭載した実験用車両。同パッケージは2月29日より神奈川県藤沢市で実施されているロボットタクシーによる自動運転体験サービス実証実験ですでに利用が始まっている。

RoboCarシリーズはこれまで、テストコースでの利用を対象としてきたが、同製品では公道での自車位置測定に必要な高精度マッピングの利用や、ナンバーの取得、公道走行時のリスクアセスメントについてもサポートする。ベース車両はトヨタ・エスティマハイブリッドだが、他車両の対応も可能だ。

RoboCar Mini Van

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

今田耕司「3 年前まで彼女がいた」目標は「東京五輪婚」と東野幸治に宣言
[06:00 8/30] エンタメ
宮根誠司「断ったら遺恨が…」弟子・川田裕美との共演を語る
[06:00 8/30] エンタメ
長谷部誠、黒柳徹子からのお触りに積極的発言「触ってもらえますか?」
[06:00 8/30] エンタメ
澤穂希、東京五輪に向けた今後の展望を語る『1周回って知らない話』初回2時間SP
[06:00 8/30] エンタメ
[三代目JSB・岩田剛典]サスペンスドラマ初挑戦 菅野、松嶋との共演に「光栄」
[06:00 8/30] エンタメ