コレガ製無線LANルータ2機種に脆弱性、IPAが注意喚起

  [2016/03/02]

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は2日、コレガ製の無線LANルータ2機種にクロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性が存在すると注意を喚起した。

対象製品は、据え置き型ルータ「CG-WLBARGMH」「CG-WLBARGNL」の2機種で、いずれも販売終了製品。クロスサイトリクエストフォージェリとは、Webアプリケーションに存在する脆弱性を利用した攻撃のこと。この脆弱性により、上記2製品のWeb管理画面にログインした状態で細工されたページにアクセスした場合、意図しない操作をさせられる恐れがあるという。

IPAおよびコレガでは、Web管理画面にログインしている間、他のウェブサイトにアクセスしないことを推奨している。

コレガによる告知文

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【レポート】エンジンがついに咆えた! 韓国・新型ロケット「KSLV-II」の開発が正念場に
[10:30 5/25] テクノロジー
伊勢志摩サミット、中部空港に到着する各国首脳をMIRAIとMRJがおもてなし
[10:10 5/25] 趣味
日本ボールドウィンがMSのERPを導入 - データの一元管理を実現
[10:00 5/25] 企業IT
【コラム】どこでもサイエンス 第77回 増やせばワカルDNA - 「PCR」のお話
[10:00 5/25] テクノロジー
ピュア・ストレージ、オールフラッシュファイルストレージを発表
[09:57 5/25] 企業IT

特別企画 PR