コレガ製無線LANルータ2機種に脆弱性、IPAが注意喚起

 

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は2日、コレガ製の無線LANルータ2機種にクロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性が存在すると注意を喚起した。

対象製品は、据え置き型ルータ「CG-WLBARGMH」「CG-WLBARGNL」の2機種で、いずれも販売終了製品。クロスサイトリクエストフォージェリとは、Webアプリケーションに存在する脆弱性を利用した攻撃のこと。この脆弱性により、上記2製品のWeb管理画面にログインした状態で細工されたページにアクセスした場合、意図しない操作をさせられる恐れがあるという。

IPAおよびコレガでは、Web管理画面にログインしている間、他のウェブサイトにアクセスしないことを推奨している。

コレガによる告知文

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

重さ23g、わずかな頭の動きでポインタが操作できる装着型マウス
[21:12 9/26] パソコン
「夜桜四重奏」着せ替えカバーがシリウスに、次号成田良悟原作の新連載が開幕
[20:46 9/26] ホビー
トヨタの次世代交通システム分析にオラクルのクラウド可視化サービス
[20:37 9/26] 企業IT
小林麻耶、"ゴールが見えない闘い"に苦悩も「今を大切に一歩一歩前に」
[20:35 9/26] エンタメ
バルミューダ、注ぎ心地にこだわった「小さくて美しい」電気ケトル
[20:18 9/26] スマホとデジタル家電