ドコモ、「Xperia Z5」シリーズをAndroid 6.0へアップデート

 

NTTドコモは2日、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のAndroidスマートフォン「Xperia Z5 SO-01H」、「Xperia Z5 Compact SO-02H」、「Xperia Z5 Premium SO-03H」に対し、Android 6.0へのOSバージョンアップを開始した。

「Xperia Z5 SO-01H」

「Xperia Z5 Compact SO-02H」

「Xperia Z5 Premium SO-03H」

Android 6.0では、アプリを使用中にホームボタンを長押しすると、起動中のアプリで表示されている内容からユーザーにあった情報を提案する「Now on Tap」や、端末を使用していない際の消費電力を減らす機能などが利用できる。そのほか、カメラUIの変更や、アプリ画面の視認性向上、指紋によるロック解除のセキュリティ強化なども含まれている。

アップデートは、「設定」→「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」→「アップデートを開始」の順にタップし、案内に従って操作することで更新可能。更新時間は、SO-01H/SO-03Hが約75分、SO-02Hが約73分。更新後のビルド番号は3機種とも「32.1.F.0.43」。「設定」→「端末情報」→「ビルド番号」と進むことで確認できる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

雨宮慶太監督の『ゼイラム』と『ゼイラム2』がHDリマスターで初Blu-ray化
[22:23 9/30] ホビー
犬上すくね「ばうんさーず」1巻、頼りない叔父を守る保護者気どりの3姉妹
[21:38 9/30] ホビー
[新宿アニソンスコープ]小松未可子シングルが首位 Q-MHzとタッグ
[21:30 9/30] ホビー
世界最大級の音楽配信サービス「Spotify」上陸! - 日本市場における狙いと競合との差別化は?
[21:27 9/30] スマホとデジタル家電
カテキョで繋がる元野球部の先輩後輩、5年ぶりの再会描く南月ゆうのBL
[21:13 9/30] ホビー