ドコモ、受信時最大375Mbpsの通信サービスを6月提供 - 3.5GHz帯の活用も

 

NTTドコモは2日、複数の周波数帯の電波を束ねるキャリアアグリゲーションを強化し、受信時最大375Mbpsの通信サービスを6月より提供すると発表した。また、3.5GHz帯を用いた受信時最大370Mbpsの通信サービスも6月から提供する。

NTTドコモは2日、都内で通信サービスに関する発表会を開催した

受信時最大375Mbpsのサービスは、2GHz帯(受信時最大112.5Mbps)、1.7GHz帯(受信時最大150Mbps)、800MHz帯(受信時最大112.5Mbps)を束ねることで実現。3.5GHz帯を活用したサービスでは、TDD方式を採用し、FDD方式の1.7GHz帯との組み合わせにより受信時最大370Mbpsの通信が可能だという。

2GHz帯、1.7GHz帯、800MHz帯の組み合わせで受信時最大375Mbpsを実現する

300Mbpsを超える上述のサービスは、池袋や新宿、渋谷といった都心部において重点的に展開する。なお、同社は今後の発表会で、サービスに対応する製品を発表していくとしており、ドコモの2016夏モデルでは300Mbps超の通信が可能なスマートフォンなどが登場すると思われる。

都心部で重点的に展開する

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ルネサス、ウェアラブル機器向けワイヤレス充電ソリューションを発表
[17:50 9/26] テクノロジー
ついに始まるラジコ渾身の新サービス! 後から聴けるラジオが変えるもの
[17:42 9/26] 経営・ビジネス
立ち食いそば散歩 第33回 アサリをかき揚げ……まずい訳がないっ! 秋葉原「二葉」で腹を満たす
[17:30 9/26] 趣味
NECソリューションイノベータ、全国詳細地図データ標準搭載のGIS最新版
[17:29 9/26] 企業IT
サイコム、Windows 7 Professional搭載のミドルタワーPCを100台限定で販売
[17:21 9/26] パソコン