ドコモ、受信時最大375Mbpsの通信サービスを6月提供 - 3.5GHz帯の活用も

 

NTTドコモは2日、複数の周波数帯の電波を束ねるキャリアアグリゲーションを強化し、受信時最大375Mbpsの通信サービスを6月より提供すると発表した。また、3.5GHz帯を用いた受信時最大370Mbpsの通信サービスも6月から提供する。

NTTドコモは2日、都内で通信サービスに関する発表会を開催した

受信時最大375Mbpsのサービスは、2GHz帯(受信時最大112.5Mbps)、1.7GHz帯(受信時最大150Mbps)、800MHz帯(受信時最大112.5Mbps)を束ねることで実現。3.5GHz帯を活用したサービスでは、TDD方式を採用し、FDD方式の1.7GHz帯との組み合わせにより受信時最大370Mbpsの通信が可能だという。

2GHz帯、1.7GHz帯、800MHz帯の組み合わせで受信時最大375Mbpsを実現する

300Mbpsを超える上述のサービスは、池袋や新宿、渋谷といった都心部において重点的に展開する。なお、同社は今後の発表会で、サービスに対応する製品を発表していくとしており、ドコモの2016夏モデルでは300Mbps超の通信が可能なスマートフォンなどが登場すると思われる。

都心部で重点的に展開する

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

さんま、SMAP解散の真相は報道通り?「ほぼ間違いないと思う」
[00:23 8/28] エンタメ
小柳歩、"舐め"オンパレードで「セクシーというよりはエロい」
[00:00 8/28] エンタメ
Fカップ松嶋えいみ、2人の男性からマッサージ「私生活でもやって欲しい」
[00:00 8/28] エンタメ
さんま『さんまのまんま』終了理由「制作費」と明かすも、 実は別に理由が?
[23:55 8/27] エンタメ
「PINコード」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[23:04 8/27] スマホとデジタル家電