ドコモ、受信時最大375Mbpsの通信サービスを6月提供 - 3.5GHz帯の活用も

 

NTTドコモは2日、複数の周波数帯の電波を束ねるキャリアアグリゲーションを強化し、受信時最大375Mbpsの通信サービスを6月より提供すると発表した。また、3.5GHz帯を用いた受信時最大370Mbpsの通信サービスも6月から提供する。

NTTドコモは2日、都内で通信サービスに関する発表会を開催した

受信時最大375Mbpsのサービスは、2GHz帯(受信時最大112.5Mbps)、1.7GHz帯(受信時最大150Mbps)、800MHz帯(受信時最大112.5Mbps)を束ねることで実現。3.5GHz帯を活用したサービスでは、TDD方式を採用し、FDD方式の1.7GHz帯との組み合わせにより受信時最大370Mbpsの通信が可能だという。

2GHz帯、1.7GHz帯、800MHz帯の組み合わせで受信時最大375Mbpsを実現する

300Mbpsを超える上述のサービスは、池袋や新宿、渋谷といった都心部において重点的に展開する。なお、同社は今後の発表会で、サービスに対応する製品を発表していくとしており、ドコモの2016夏モデルでは300Mbps超の通信が可能なスマートフォンなどが登場すると思われる。

都心部で重点的に展開する

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

沢村一樹&瀬戸康史バディ再び! 『刑事 犬養隼人』第2弾放送決定
[05:00 8/26] エンタメ
長谷部誠、黒柳徹子の筋肉チェックで心整わず! 『徹子の部屋』初出演
[05:00 8/26] エンタメ
Apple「iOS 9.3.5」リリース、ゼロデー攻撃の可能性がある問題を修正
[04:08 8/26] スマホとデジタル家電
[大野拓朗]朝ドラ俳優が三宅宏実選手にバックハグ
[04:00 8/26] エンタメ
TVアニメ『ダンガンロンパ3』、Blu-ray BOX&DVDのジャケットイメージ公開
[00:00 8/26] ホビー