ドコモ、受信時最大375Mbpsの通信サービスを6月提供 - 3.5GHz帯の活用も

 

NTTドコモは2日、複数の周波数帯の電波を束ねるキャリアアグリゲーションを強化し、受信時最大375Mbpsの通信サービスを6月より提供すると発表した。また、3.5GHz帯を用いた受信時最大370Mbpsの通信サービスも6月から提供する。

NTTドコモは2日、都内で通信サービスに関する発表会を開催した

受信時最大375Mbpsのサービスは、2GHz帯(受信時最大112.5Mbps)、1.7GHz帯(受信時最大150Mbps)、800MHz帯(受信時最大112.5Mbps)を束ねることで実現。3.5GHz帯を活用したサービスでは、TDD方式を採用し、FDD方式の1.7GHz帯との組み合わせにより受信時最大370Mbpsの通信が可能だという。

2GHz帯、1.7GHz帯、800MHz帯の組み合わせで受信時最大375Mbpsを実現する

300Mbpsを超える上述のサービスは、池袋や新宿、渋谷といった都心部において重点的に展開する。なお、同社は今後の発表会で、サービスに対応する製品を発表していくとしており、ドコモの2016夏モデルでは300Mbps超の通信が可能なスマートフォンなどが登場すると思われる。

都心部で重点的に展開する

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

カズレーザー、事務所の危機訴える「ベッキーの代わりなんてできない」
[12:01 7/24] エンタメ
『刀剣乱舞 -ONLINE-』、公式主題歌を発表
[12:00 7/24] ホビー
森下悠里、高知容疑者引退作で共演した印象語る「遊び慣れた方」
[11:26 7/24] エンタメ
「ハイフリ」岬明乃のフィギュア予約開始!「ニセコイ」万里花も公開
[11:04 7/24] ホビー
“美女と野獣カップル”泉浩&末永遥夫婦、移住先の静岡県で物件探し!
[11:00 7/24] エンタメ