萩尾望都のSF作品200点以上が集結!原画展開催でイラスト集も

 

「スター・レッド」 (c)萩尾望都/小学館

「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」が、東京・武蔵野市立吉祥寺美術館にて4月9日から5月29日まで開催される。

展覧会では「スター・レッド」「百億の昼と千億の夜」「11人いる!」「マージナル」など、萩尾望都による200点以上のカラーイラストや生原稿を展示。日本の少女マンガ史において、SF作品黎明期を担った作品が一堂に会する。

また開催の時期に合わせ、イラスト集「萩尾望都 SFアートワークス」が、4月9日に原画展の会場や全国の書店で発売される。展示されている原画を中心に収録した1冊だ。

「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」

期間:2016年4月9日(土)~5月29日(日)10:00~19:30
※4月27日(水)、5月25日(水)は休館
会場:武蔵野市立吉祥寺美術館
料金:100円 ※小学生以下、65歳以上、障がい者は無料


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【連載】iPhone基本の「き」 第204回 セキュリティ質問を使いたくないなら……「2ステップ確認」の仕組みと登録方法
[11:00 7/2] スマホとデジタル家電
貯蓄額がいくらあったら結婚できると思いますか?
[11:00 7/2] マネー
ドスパラ、秋葉原「GALLERIA Lounge」で大型サイネージ設置記念セール開催
[10:58 7/2] パソコン
【ハウツー】液晶に貼るフィルムは2タイプあるってどういうこと? - いまさら聞けないAndroidのなぜ
[10:00 7/2] スマホとデジタル家電
【特別企画】世界王者「かずのこ」選手が語る、PCで格闘ゲームをプレイするメリットとは?
[10:00 7/2] パソコン

本音ランキング