「2016ミス・ユニバース」、滋賀出身の女子大生・中沢沙理さんが日本代表に

「2016ミス・ユニバース日本大会」が1日、都内で行われ、滋賀県出身の現役女子大生、中沢沙理さん(22歳)が日本代表に選ばれた。

2016ミス・ユニバース日本代表に選ばれた中沢沙理さん

ミス・ワールド、ミス・インターナショナルと並んで世界3大ミス・コンテストの一つに数えられるミス・ユニバース。1952年のスタートから今年で65回目を迎え、この日は世界大会(日程は未定)への出場権を賭けた日本代表を決定。全国47都道府県の地方大会を勝ち抜いた46人(1人欠席)が出場し、水着審査やドレス・スピーチ審査などの最終選考に臨んで滋賀県出身の現役女子大生、中沢沙理さんが選出された。

名前を呼ばれてあ然としていた中沢さん。「自分でも本当にびっくりしました」と驚くも「まだ夢のような感覚ですが、気持ちは世界大会に向いているので頑張りたいです」と視界は早くも世界大会に照準。この日は中沢さんも含めて地方大会を勝ち抜いた46人の美女が激しい戦いを繰り広げたが、「46人も女の子がいたので複雑な気持ちはありましたが、自分らしくステージに立つことが後悔しないと思ったので、最後は自分を信じました。自分との戦いでしたね」と自分らしさを勝因にあげながら「本当に夢見ていた景色だったので、現実に客席を見れたことが1番うれしかったです。早く両親によろこびを伝えたいですね」と笑顔を見せた。

中沢さんは、身長171cm、スリーサイズはB79・W59・H83と抜群のプロポーションの持ち主。現在は医療系の大学に通い、歯学を学んでいる。過去の日本代表には滝沢沙織(2000年に3位※準ミス)や知花くらら(2006年優勝)ら、芸能界で活躍する女性もおり、中沢さんも芸能界での活躍が期待されるが、「芸能界は昔から憧れはありますが、今はミス・ユニバースとしての活動が課題だと思っています」と慎重に言葉を選びつつ、「今は大学で歯のことを勉強しております。将来は歯科医師も考えております」と悩める心境を明かしていた。

なお、2位に熊本県代表の松本紗也加さん、3位に福島県代表の佐藤真瑚さん、4位に高知県代表の西村紗也香さんを選出。また、男性版のコンテスト「ミスター・ジャパン2016」には神奈川県代表の山岸将也さんが選ばれた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事