ホンダ「シビック ハッチバック」ジュネーブモーターショーにて世界初公開

本田技研工業(ホンダ)の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは現地時間の1日、スイスで開催された「ジュネーブモーターショー」(一般公開は3月3~13日)にて、新型「シビック ハッチバック」のプロトタイプモデルを世界初公開したと発表した。

新型「シビック ハッチバック」プロトタイプモデル

新型「シビック ハッチバック」は、コンパクトクラスの新基準を確立した「シビック」シリーズの5ドアモデル。現行モデルが欧州地域専用のプラットフォームを持つのに対し、今回はセダンやクーペとともにグローバルモデル共通のプラットフォームを使用して開発している。

欧州向けには、新開発の1.0リットル直噴VTEC TURBOエンジン、1.5リットル直噴VTEC TURBOエンジン、さらに進化した1.6リットルi-DTECディーゼルエンジンを搭載したモデルをラインアップ。「シビック」シリーズのコンセプトはそのままに、ダイナミックでスポーティーなデザインを際立たせたほか、優れた燃費性能や運動性能を両立や使い勝手の向上などを実現し、商品の魅力を大幅に高めたという。

生産はホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッドで行われ、今後は欧州のみならず北米などにも販売を展開する。欧州市場における発売は2017年初頭を予定している。

ジュネーブモーターショーではその他、2016年中に導入を予定している新型の燃料電池自動車「クラリティ フューエル セル」を欧州初公開。2016年から欧州でも販売予定の新世代スーパースポーツモデル、新型「NSX」も出展される。「NSX」はドイツで約18万ユーロから、イギリスで約13万ポンドから販売し、4月から受注を開始。2016年秋からの引渡しを予定している。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事