[映画興行成績]「黒崎くんの言いなりになんてならない」が初登場首位

  [2016/03/01]

映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」のワンシーン (C)「黒崎くんの言いなりになんてならない」製作委員会

 2月29日に発表された27、28日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、アイドルグループ「Sexy Zone」の中島健人さん主演のラブコメディー「黒崎くんの言いなりになんてならない」が初登場で首位を獲得した。同作は少女マンガ誌「別冊フレンド」で連載中の人気少女マンガを実写映画化した作品。160スクリーンで公開され、約15万7700人を動員。興行収入は約1億9100万円をあげた。

 2位は公開4週目に入った、マット・デイモンさんが火星に取り残された宇宙飛行士に扮(ふん)したサバイバル映画「オデッセイ」。動員数は約14万5200人で2位に後退したが、興行収入は約2億1400万円とトップだった。3位は小栗旬さん主演の「信長協奏曲(コンツェルト)」だった。

 4位は初登場作品で、真冬の嵐“ブリザード”の中、決死の覚悟で生存者の救出に向かった米国沿岸警備隊の活躍が描かれた「ザ・ブリザード」がランクイン。407スクリーンで公開され、動員数は約6万600人、興行収入は約1億円だった。また、同じく初登場作品で、クエンティン・タランティーノ監督の密室ミステリー「ヘイトフル・エイト」が9位に入った。119スクリーンで公開され、約3万5100人を動員し興行収入は約4700万円をあげている。

1位 黒崎くんの言いなりになんてならない

2位 オデッセイ

3位 信長協奏曲

4位 ザ・ブリザード

5位 Born in the EXILE ~三代目J Soul Brothersの奇跡~

6位 X-ミッション

7位 スター・ウォーズ/フォースの覚醒

8位 さらば あぶない刑事

9位 ヘイトフル・エイト

10位 ガールズ&パンツァー 劇場版

 


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

最も満足度の高いドラマ脚本家は古沢良太氏 -『リーガルハイ』『デート』
[09:00 5/31] エンタメ
【レポート】「こんなシステムは使いたくない」 - すべてはそこから始まった
[09:00 5/31] 企業IT
NTT、AI関連技術「corevo」のコラボレーションを展開
[08:30 5/31] 企業IT
台湾の2大半導体後工程受託メーカーが経営統合
[08:30 5/31] テクノロジー
中居正広、整形繰り返すKABA.ちゃんに忠告「どっかでやめないと」
[08:13 5/31] エンタメ

本音ランキング