NVIDIA、「Jetson TX1」開発キットを国内販売 - 個人向けの価格は93,798円

 

NVIDIAは1日、組み込み開発キット「Jetson」シリーズの新モデル「Jetson TX1」を日本国内でも提供すると発表した。法人向けは菱洋エレクトロ、個人向けにはオリオスペックが取り扱う。オリオスペックのWebサイトによると、Jetson TX1の開発キットは4月8日発売予定で価格は税込93,798円。

Jetson TX1モジュール

開発キット

「Jetson TX1」は、Maxwellをベースとした256基のCUDAコアと、64bitに対応したARM A57搭載した組み込み向けモジュール。産業用機器やロボット、ドローン、スマート家電などをターゲットとして開発されている。

前世代の「Jetson TK1」から、CPUとGPUを刷新したほか、メモリは4GB LPDDR4に強化された。また、IEEE 802.11acやBluetoothなどの無線ネットワークのサポートも追加されている。このほか、4Kビデオのエンコードおよびデコードに対応する。

OpenGL 4.5、OpenGL ES 3.1、Vulkanといった最新のグラフィックスAPIやCUDA 7.0をサポート。開発者向けのSDKとして、CUDAを用いた機械学習のライブラリ「cuDNN」や、コンピュータビジョン用のライブラリとフレームワーク「VisionWorks」といったツール群を提供する。

Jetson TX1はモジュール単体に加えて、開発ボードやACアダプタ、電源コード、USBケーブル、クイックスタートガイドを含んだ開発キットを用意。開発キットは3月中旬から提供を開始するが、モジュール単体は2016年上半期中の提供となる。

なお、法人向けを取り扱う菱洋エレクトロでは、開発キットだけではなく、オムロン直方製キャリアボードと組み合わせての提供も行うという。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

実中研と慶大、ゲノム編集で先天性免疫不全の霊長類を作製することに成功
[15:14 7/1] テクノロジー
7月放送開始の『ウルトラマンオーブ』、早くもBlu-ray BOXの発売が決定
[15:04 7/1] ホビー
【連載】夫婦のLINE 第92回 お言葉ですが閣下
[15:00 7/1] ライフスタイル
ソニー銀行で円定期特別金利引き上げなど夏の特別企画
[14:57 7/1] マネー
中堅・中小企業にもO2Oが容易に構築できるようになった「AppGoose」
[14:53 7/1] 企業IT