デル・ソフトウェア、バックアップソフトと重複除外バックアップストレージ

 

デル・ソフトウェアは3月1日、大容量データ時代に対応し、スケーラビリティとパフォーマンスを向上した統合管理バックアップソフトの最新バージョン「NetVault Backup 11」と、重複除外バックアップ専用ストレージのDell DRシリーズの新製品3モデルを提供開始した。価格は各製品ともにオープン。

「NetVault Backup」は、物理・仮想の両環境にあるデータとアプリケーションを、Webベースのユーザインタフェースから一元的に保護することができるデータ保護ソリューション。

最新バージョンは、バックアップパフォーマンスを改善するとともに、導入および更新作業の迅速化とシンプル化、日々の運用管理を容易にするレポーティングの向上、さらには重複除外ストレージ連携機能によるRapidバックアップの強化などにより、効率的なデータ保護を実現するという。

主な特長としてファイルシステムのバックアップジョブがマルチストリームに対応し、バックアップ性能が向上したほか、Web対応インタフェースを通したWindowsエージェントのプッシュインストールに対応することにより、数百台に及ぶWindowsクライアントに数クリックで保護機能のリモート導入が可能になった。

また、日々の管理業務を効率化する新しいレポート(ジョブ、メディア、構成レポート)を追加し、Windows/Linuxに加え、SolarisクライアントでもDell DR Rapid Data Access(RDA)をサポート。さらに、Dell RDAおよびEMC DD Boostを対象とした最新版ライブラリアップデートを提供する。

一方、Dell DRシリーズは非構造化データが増加傾向の状況下で欠かせない重複除外バックアップ専用ストレージとして、さまざまなバックアップソフトウェアと組み合わせて利用することで、バックアップの統合化やデータセンター全体の災害復旧対策など既設のバックアップシステムを進化させるソリューションを提供。

新しい3モデルは、エントリーモデルのDR4300e、スタンダードモデルのDR4300、パフォーマンスモデルのDR6300となり、従来の機能を継承しながらデータの大容量化に対応し、パフォーマンス向上させている。

新しい3モデル(筐体は同一)

主な特長はソースサイド重複除外を活用したマルチバックアップストリームによって、高速バックアップを実現し、より大容量のデータ保護のサポートが可能となった。最大スループットは DR4300eで21TB/h、DR4300で22TB/h、DR6300で29TB/h、最大ポストRAID容量はDR4300eで27TB、DR4300で108TB、DR6300で360TBとなる。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事