蓮佛美沙子、恋人役・遠藤憲一からの誕生日サプライズに涙「何で?何で?」

 

女優の蓮佛美沙子が、2月27日に25歳の誕生日を迎え、同29日、関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『お義父さんと呼ばせて』(毎週火曜22:00~22:54)の撮影現場で、恋人役の遠藤憲一からバースデーサプライズを受けた。

遠藤憲一(右)に"お姫様抱っこ"される蓮佛美沙子

蓮佛はこの日、撮影の合間に取材と称してスタッフにインタビューを受けていたが、そこで「一番キュンとしたシーンは?」という質問に、「第4話のバレンタインデーの物語のラストで、白いタキシードで花束を贈ってくれたところは本当にキュンときて、一番印象に残っています」と回答。

「本当にタキシード姿で花束渡されたらどうする?」「保っちゃん(遠藤演じる大道寺保の愛称)だからいいんだよね。相手のことを思って、一生懸命考えてくれたことが伝わってうれしいよね」とスタッフと話していたことを幸せそうに振り返っていたが、その時、突然バースデーソングを歌いながら、白いタキシード姿の遠藤が登場した。

遠藤は蓮佛の年齢にちなんだ25本のバラの花束を抱え「みーちゃん(美蘭の愛称)、誕生日おめでとう!」とハグで祝福。このサプライズに、蓮佛は「どうしたんですか? びっくりした…。何で? 何で?」と驚きながら「うれしい!」と感動の涙を浮かべた。

遠藤のサプライズ登場(左)から25本のバラの花束のプレゼント

予想以上にリアクションに、遠藤は「まさか泣いちゃうとは思わなかったよ」と成功を喜び、蓮佛は「ちょうどタキシードと花束の話をしてたところだったんですよ。なんだかよくできた台本みたいになっちゃって…(笑)。本当にうれしいです」とドラマのような展開に大喜びだった。

その後は、3段重ねのバースデーケーキに2人で入刀。結婚式の定番である"ファーストバイト"を行ったが、遠藤は「まさか最終回では、この真逆の結末にならないだろうね?」と不安がりながら、「ますますキレイになって。そして変わらず、いい意味でおやじっぽく、すくすくと育っていってください。最後までよろしく!」とメッセージを送った。

蓮佛は「こんなサプライズまでやっていただいて、あらためて幸せ者だなと感じました」と喜びをかみしめ、「遠藤さんにおっしゃっていただいたように変わらず、そして変わらなければならないところは変わっていきながら、伸び伸びやっていけたらと思っています」と25歳の抱負を宣言。「この気持ちを大切に、まずはこの作品を元気に走り抜けたいと思います!」と、あらためて意気込みを語った。

最後は、遠藤が蓮佛を"お姫様抱っこ"をして記念撮影。このサプライズの模様は、関西テレビの公式YouTubeで公開されている。

2月29日に行われた蓮佛のバースデーサプライズ

『お義父さんと呼ばせて』第4話より



写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

上場企業の平均年間給与は622万3000円、トップ企業は1741万円
[14:22 7/27] 企業IT
Nutanix、ハイパーコンバージド製品のDockerサポートなど新機能を発表
[14:06 7/27] 企業IT
御伽ねこむが第1子出産を報告、藤島康介氏とは「一緒にいて一番の幸せ」
[14:05 7/27] ホビー
駅やホームにポケモン出さないで! 全国のJR・私鉄が「ポケモンGO」に要請
[14:01 7/27] スマホとデジタル家電
メルセデス・ベンツ新型Eクラス発表、自動運転へ"ドライブパイロット"搭載
[13:59 7/27] ホビー

本音ランキング