M-SOL、新しい労働力としてのPepper活用でパソナテックと協業

ソフトバンク・テクノロジーの子会社であるM-SOLUTIONS(M-SOL)は2月29日、パソナテックとソフトバンクロボティクスが開発・提供する人型ロボット「Pepper」の動作を設定する「Smart at robo for Pepper」を通じて、新しい労働力としてロボット活用を推進し、ロボアプリ開発における開発期間の長期化や費用負担の軽減を目的に協業を開始したと発表した。

Smart at robo for Pepperは、Pepperの会話や動作を簡単に設定できるサービス。アプリケーションの開発知識がなくても、Web画面からの操作であいさつやディスプレイ表示などいつでも自由に設定し、Pepperに思い通りの動きをさせることができるようになる。

M-SOLは、ソフトバンクロボティクスが認定する「ロボアプリパートナー」で、サイボウズが提供する業務アプリ開発プラットフォーム「kintone」をベースにしたSmart at robo for Pepperを提供している。同サービスは、エンドユーザーのPepper活用推進につながるだけでなく、M-SOLのロボアプリ開発にも利用しており、開発効率が向上しているという。

パソナテックもソフトバンクロボティクスが認定するロボアプリパートナーとして、Pepperを活用した各種業務支援サービスや、「むすぶkintoneサービス」を活用した高速アプリケーション開発を提供するPepperの「ECOアプリケーション」開発などを提供している。

今回、M-SOLはパソナテックにSmart at robo for Pepperを提供し、Pepperとkintoneの連携に関する技術支援を行う。また、パソナテックは、ロボティクス・サービス・インテグレーション事業において、Smart at robo for Pepperの活用や顧客の要望に応じた同サービスの機能拡張をkintoneを利用し、実現していく。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事