意識改革とイメージ共有が必要…大儀見「もっとリスクを冒さないと」

 

前半終了間際にゴールを決めた大儀見(10番) [写真]=Getty Images

 リオデジャネイロ・オリンピック 女子サッカー アジア最終予選の第1節が29日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)とオーストラリア女子代表が対戦。なでしこは1-3で敗れ、黒星スタートとなった。

 試合後、FW大儀見優季が記者団の取材に応じた。

 大儀見は0-2で迎えた前半アディショナルタイムに反撃のゴールを決めた。「こぼれ球を押し込む形」のゴールシーンを振り返った大儀見は「こういう予選では、相手がかなりペナルティーエリア内で慌てている。見ればわかる通り、クリアミスが多かったと思う。その辺の部分はこれからも狙い目になると思う」と、冷静に分析。そのうえで、自分たちの攻撃について課題を口にした。

「もっと他の攻撃パターンを作っていかないと、相手をしっかりと崩してゴールを奪うところまでいかないと思う。時間はないけど、ポイントを絞って挑んでいかないと得点は難しくなってくる」

 中1日で試合が続く今大会。大儀見は「これで予選が終わったわけではない。前向きに切り替えるしかないと思う」と次戦以降を見据え、「緊張感がある試合こそ、もっとリスクを冒してプレーしていかないと得点は生まれにくいと思う。チームとして取り組んでいかないといけない。意識次第でどうにでもなる。持っているものはどの相手よりも上だと思う。それを出せるかどうかだと思う。意識を変えて、イメージを密にしていきたい。そうすれば良い方向に進んでいけると思う」と、意識改革とプレーイメージの共有が重要だと強調した。

 同予選は、2月29日から3月9日にかけて大阪府で開催。日本、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、オーストラリア、中国、韓国、ベトナムの計6チームが参加し、総当たりのリーグ方式で、上位2カ国にリオ五輪の出場権が与えられる。次戦、なでしこは3月2日に韓国と、オーストラリアは同日にベトナムと対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

フジテレビ、月額888円で見放題の動画配信サービス「FODプレミアム」
[18:33 6/27] スマホとデジタル家電
林遣都、主演ドラマ『火花』が海外でもヒットで「こんなことになるとは」
[18:30 6/27] エンタメ
ヤマト運輸、LINEで荷物状況の確認や配送日時・場所の変更が可能に
[18:20 6/27] 携帯
英国進出の日本企業、約半数が大手企業 - 「日EU経済連携協定」への影響も
[18:15 6/27] マネー
[門脇麦&菅田将暉]映画「二重生活」語る 同世代共演に「最初からピタッときた感じ」
[18:14 6/27] エンタメ