4インチ版iPhoneの名称は「iPhone SE」との噂 - 海外報道

3月15日に開催が噂されているAppleの新製品発表イベントにおいて、その目玉の1つとみられている「4インチ版iPhone」だが、その名称が「iPhone 5se」のようなナンバリング付きではなく、シンプルに「iPhone SE」のようになる可能性があると9 to 5 Macが報じている。

9 to 5 Macは過去に3月15日のイベント開催の噂を報じたり、4インチサイズのiPhoneについて名称が「iPhone 5se」になるとの関係者の話を紹介している。この4インチ版iPhoneはもともと「iPhone 6c」などの仮称で呼ばれていたもので、経緯は不明だが、9 to 5は関係者の談としてiPhone 5seの名称が付与されたと伝えていた。以前に廉価版iPhoneとして「iPhone 5c」という製品がiPhone 5sの時代に市場投入されていたが、商業的に成功したとは言い難く、この「6c」という名称の利用を避けたともいわれている。

一方で、もし9 to 5 Macのいうように新製品に「iPhone SE」という名称が付与されたのであれば、従来のナンバリングサイクルから外れた製品として市場投入されたことを意味している。これは従来の1年サイクルで投入される製品と異なっているだけでなく、新系統の製品としてメインストリームのモデルから独立したものであることを示している。以前に、今後数年でAppleがiPhoneのSKUを大幅に増やしてくる可能性を示唆したが、こうした動きがより顕著なものとなる前兆といえるかもしれない。いずれにせよ、発表会開催が噂される3月3週目には週末に新型iPhoneがすぐに発売されるという話も出ており、その続報に注目しているといいだろう。

人気記事

一覧

新着記事