ソフトバンク、携帯料金の3%を寄付する「チャリティモバイル」開始

 

ソフトバンクは29日、毎月の携帯電話利用料金の3%を社会貢献活動を行う非営利団体に、同社が2年間寄付する「チャリティモバイル」を開始した。支援したい対象団体の専用ページより申し込み可能。追加負担金はなし。

「チャリティモバイル」

同サービスでは、対象の非営利団体ごとに用意された専用申し込みページで、ソフトバンク携帯電話を購入(新規契約・機種変更)すると、追加負担金なしで、2年間毎月の利用料金の3%を、申込時には6,000円をソフトバンクが寄付する。29日時点では、東日本大震災被災地の復興支援や子どもの支援活動などを行う7団体から選択可能。3月中には9団体に増える予定。

サービス開始時点での対象となる7団体は以下の通り。

  • あしなが育英会
  • 社会福祉法人 中央共同募金会
  • 認定NPO法人 テラ・ルネッサンス
  • 特定非営利活動法人 トイボックス
  • 公益社団法人 日本PTA全国協議会
  • 公益財団法人 日本ユニセフ協会
  • 一般社団法人 ピースボート災害ボランティアセンター
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

「デビットカード」ってどんなカード?
[07:00 7/29] マネー
米利上げ見通しは過小評価されていないか
[07:00 7/29] マネー
ねこのはなしをしようか 第17回 網膜が焼ける
[07:00 7/29] 趣味
熱中症になったことがある人は54% - 意外と知られていない対処法は?
[07:00 7/29] ヘルスケア
ふるさと納税、認知率はほぼ100%も実施率は10%にとどまる - なぜ?
[07:00 7/29] マネー