ヤクルト鵜久森が移籍後初アーチ 侍選出の戸根から豪快な一撃

 

ヤクルトでプロ12年目を迎える鵜久森淳志

◆ チームの完封負けを阻止

 ヤクルトの鵜久森淳志外野手が28日、巨人とのオープン戦(東京ドーム)で豪快なソロ本塁打を放った。

 途中出場の鵜久森は0-5で迎えた9回表、一死走者なしの場面で巨人の中継ぎ左腕・戸根と対戦。カウント2-1から真ん中高めの直球を見事に振り抜くと、打球は左中間スタンド中段に着弾した。

 鵜久森は昨年限りで日本ハムを戦力外となり、トライアウトを経てヤクルトに入団。持ち前の長打力を発揮し開幕ベンチ入りを首脳陣にアピールした。

 ヤクルトは打撃陣の調子が上がらず、前夜に続き巨人に連敗。それでも新天地で燃える鵜久森のバットが、チームの完封負けを阻止した。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

岡田結実、母との初共演に「何を言われるのかドキドキした」
[10:00 10/1] エンタメ
霊山に巨石がゴロゴロ!神の島誕生の秘密が明らかに『ブラタモリ』
[10:00 10/1] エンタメ
『宇多田ヒカル~ライナーノーツ~』60分拡大版を放送
[10:00 10/1] エンタメ
ジョニー・デップ、『オリエント急行殺人事件』リメイク版に出演決定
[10:00 10/1] エンタメ
劇場版『マジェスティックプリンス』、本編上映後にオリジナルボイスドラマ
[10:00 10/1] ホビー