貴島煉瓦×深見真が、荒廃した近未来の日本描く新連載をアライブで始動

月刊コミックアライブ4月号

深見真ストーリー協力による貴島煉瓦「彼女と旅する崩壊後世界(ポストアトカリプス)」が、発売中の月刊コミックアライブ4月号(KADOKAWA)にてスタートした。

「彼女と旅する崩壊後世界」は、とある目的を持って都会へとやってきた少女コハルと青年マサツグの出会いから始まる物語。清潔好きの信者が集まる黒い噂の絶えない宗教団体、何の肉を焼いたかわからない食べ物を売る屋台、物売りの少年が声をかけてくるハチ公広場など、荒廃した近未来の日本を舞台に独特の世界観を描く。

なお今号にはライトノベル「ゼロの使い魔」21巻の発売を記念し、兎塚エイジの描き下ろしイラストを使用した文庫かけ替えカバーが付属している。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事