小麦を抜いた食事で健康になる「グルテンフリー健康法」とは

 

『2週間で体が変わるグルテンフリー健康法』(840円・税別)

医療法人回生會 新宿溝口クリニックはこのほど、同クリニックの院長・溝口徹氏による新刊『2週間で体が変わるグルテンフリー健康法』(840円・税別)が青春新書インテリジェンスから発売されたことを発表した。

同クリニックは、栄養療法(オーソモレキュラー療法: orthomolecular medicine)を専門としている。栄養療法とは、血液検査を行うことで人それぞれの体内栄養状態を分析し、それぞれに合った食事指導やサプリメントの処方を行うことで、根本的な治療を行うという治療方法。うつ病やがんの治療だけでなくアンチエイジングの分野などで注目されているという。

食事でやせる方法にはさまざまなものがあるが、同書では、小麦に含まれるたんぱく質「グルテン」を排除する食事法「グルテンフリー(小麦抜き)」を紹介している。グルテンフリーは、海外の一流スポーツ選手や女優・モデルが実践しているとして、注目されている食事法だという。

小麦は、パンやパスタ、ラーメン、うどん、ケーキなど多くの料理に使われている食材。グルテンフリーを実践することで、慢性疲労、うつ、肥満、アレルギーが改善した例もあるとのこと。同書では、いつも食べている小麦がなぜ全身の不調を引き起こすのか、また小麦を摂取することの問題点についても解説。また、日本人がグルテンフリーを実践するためのヒントも紹介している。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事