ZFS含んだUbuntuにGPL違反の可能性

 

The Linux Home Page at Linux Online

Software Freedom Conservancyは2月25日(米国時間)、「GPL Violations Related to Combining ZFS and Linux - Conservancy Blog - Software Freedom Conservancy」において、先日Ubuntuが次期リリースバージョンでZFSのサポートを表明したことを受け、zfs.koがGPLに違反する可能性があることを指摘した。次期UbuntuからZFSが利用できると期待していたユーザーは、しばらく状況を見守ることになるかもしれない。

ZFSは元々Solarisで利用するボリューム管理機能およびファイルシステムとして開発されてきた。OpenSolarisが公開されてからSolaris以外でも利用されるようになり、現在ではIllumosやFreeBSDなどで積極的に活用されている。ZFSが提供する機能は柔軟で強力であり、ストレージシステムやコンテナ型仮想化技術でも重要な基盤技術として活用されている。

しかし、ZFSはこれまでLinuxディストリビューションでは積極的に利用されてこなかった。これはZFSが利用しているCDDLというライセンスと、Linuxカーネルが採用しているGPLv2が相容れない関係にあるためだとされてきた。このライセンス上の問題に関してはこれまで度々指摘されていたほか、ライセンス問題が発生しないバージョンが実装されたといった話題が出たこともある。

今回のSoftware Freedom Conservancyの指摘はこの問題に関して再度喚起を促すことになる。ライセンスに関する問題は複雑で、法律の専門家による議論が必要になる。2016年4月に公開が予定されているUbuntu 16.04 LTSでZFSがサポートされるかどうかは、検討を必要とする事態になった可能性がある。最終的にCanonicalがどのように判断するかになるが、Ubuntu 16.04 LTSでのZFSの利用を想定していたユーザーは、その利用をもうちょっと待つ必要があるかもしれない。

ZFSを利用したストレージシステムやエンタープライズシステムの構築はIllumosやFreeBSD、またはFreeBSDをベースとしたオープンソース・ソフトウェアのストレージソリューションFreeNASやNAS4Freeを使うといった方法がある。また、デスクトップとして利用できる環境でZFSを使いたい場合はPC-BSDを利用するという方法がある。Ubuntuでの利用を検討していた場合、こうした代替候補の利用も視野に入れておくとよいかもしれない。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

真矢ミキ、ディズニーランドでのポケモンGOに「ミッキーに専念しなさい」
[09:03 7/25] エンタメ
イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第45回 Officeとの連携が嬉しいクラウドストレージ「Microsoft OneDrive」
[09:00 7/25] 企業IT
[モンスト]劇場版アニメ化 12月公開
[08:30 7/25] ホビー
さとう珠緒、“廃人”野村貴仁の自宅でとんでもないことに!
[08:00 7/25] エンタメ
[片山萌美]CMで話題の美女が「スピリッツ」グラビアに 大胆なランジェリー、水着姿に
[08:00 7/25] エンタメ

求人情報