都並氏がユヴェントス対バイエルンを分析…揺さぶり攻撃を完成させたミュラーの思わせぶりな動き

 

CLユヴェントス戦で先制点を決めたバイエルンのミュラー [写真]=Getty Images

 2月26日深夜に日本テレビで『UEFAチャンピオンズリーグハイライト』が放送。番組では元日本代表DFの都並敏史氏が2月23日、24日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1st legの4試合を解説した。

 注目の大一番、ユヴェントス対バイエルンでは43分にトーマス・ミュラー(バイエルン)が決めた先制点を詳しく解説。速攻からミュラーが右サイドに展開した後の動きに注目した。

 ミュラーはパスを出した後に、ペナルティエリアに入る軌道でフリーランニングを始める。その動きを見ていたユヴェントスの右サイドバック、ステファン・リヒトシュタイナーはマッチアップしていたダグラス・コスタを視界に捉えつつもて、中央エリアをケアした。しかし、ミュラーはペナルティエリア手前で止まり、リヒトシュタイナーがマークを緩めたことで、左サイドのダグラス・コスタがフリーに。右サイドからのクロスは左サイドまで流れ、ダグラス・コスタが中央へ折り返す。DFのクリアミスを拾ったミュラーが右足で叩き込み、バイエルンが先制した。都並氏は、一連のミュラーの動きを「揺さぶり攻撃を完成させた思わせぶりな動き」と称して、短時間に起きたハイレベルなプレーを分析した。

 試合は2-2で終了。バイエルンのホームで行われる2nd legは3月16日に行われる。

『UEFAチャンピオンズリーグハイライト』は、BS日テレで2月29日(月)24時から、「日テレ無料」での見逃し配信は2月26日(土)15時から一週間限定で視聴可能となっている。次回の放送は、3月11日(金)深夜に放送予定。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

最新映画『ONE PIECE』初日に豪華声優陣が集結 - 劇中さながらのやりとりにファン興奮
[10:00 7/24] ホビー
劇場版『アクセル・ワールド』、ついに公開! キャスト登壇の初日舞台挨拶
[10:00 7/24] ホビー
待ち合わせのときiPhoneを役立てるベストな方法は? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[10:00 7/24] スマホとデジタル家電
[中島亜梨沙]「真田丸」“妖艶”吉野太夫 “干物女”と自称するギャップ
[09:00 7/24] エンタメ
EvernoteからOneNoteに移行するには? - イチからはじめるOneNote
[09:00 7/24] スマホとデジタル家電