41歳のシーズンに挑む上原浩治 今季はセットアッパーに配置転換

 

キンブレルの加入で今季はセットアッパーに配置転換予定のレッドソックス・上原浩治

◆ 一時別メニューも全体練習に復帰

 体調不良で一時別メニュー調整を続けていたレッドソックスの上原浩治投手が25日(日本時間26日)、今キャンプ初めて本格的な投球練習を行った。

 上原はキャンプ初日となった19日、軽い頭痛を訴え早退。全体練習に復帰した23日にブルペン入りしたが、このときは捕手を立たせたままでの投球練習だった。

 この日はスプリットも含め、捕手を座らせ約30球。決め球の落ち具合については「まだまだこれから」と説明。チームにはメジャー通算225セーブのキンブレル(前パドレス)が加入。今季はセットアッパーに配置転換予定だが「(メジャーでは)もともとセットアッパーからのスタート。特別なものはない」と話した。

◆ 新守護神も上原との勝ちパターン構築に意欲

 オリオールズ、レンジャーズ時代は、主に救援投手として活躍した上原。当時は故障離脱が多く敗戦処理を任されることもあったが、圧倒的な制球力を武器に首脳陣からの信頼を高めていった。メジャー3球団目のレッドソックスでも入団当初は勝ちパターンの1人だったが、抑え候補が相次いで不調に陥ったため、しばらくして守護神の座を勝ち取った。

 2013年6月26日に移籍後初セーブを挙げた右腕は、同27日に日米通算50セーブを記録。その後も安定感抜群の投球を続けチームの世界一に貢献。この年は結局、73試合に登板し4勝1敗21セーブと奮投。防御率は圧巻の1.09をマークし、リーグ優勝決定シリーズMVPに選ばれるなどポストシーズンでも大活躍した。

 好不調の波はあったが、14年以降も守護神の座に君臨。昨季は試合中の負傷で43試合の登板に終わったが、40歳になっても小気味良い投球は健在だった。

 27歳のキンブレルは、平均速度が158キロの剛腕。10年にブレーブスでメジャーデビューを果たし、6年間で225セーブを積み上げた。新天地でも期待される新守護神は「いいコンビになると思う」と、セットアッパー・上原との勝ちパターン構築を楽しみにしているという。

 レッドソックスは先発でも、超大物のデビット・ブライスを獲得。昨季はエドワルド・ロドリゲス、ヘンリー・オーウェンスら若手の台頭もあり、投手陣には明るい材料が揃う。

 13年の世界一も、その後は2年連続地区最下位に沈むレッドソックス。復権を目指すチームの中で、4月で41歳になる上原の活躍からも目が離せない。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

さんま、SMAP解散の真相は報道通り?「ほぼ間違いないと思う」
[00:23 8/28] エンタメ
小柳歩、"舐め"オンパレードで「セクシーというよりはエロい」
[00:00 8/28] エンタメ
Fカップ松嶋えいみ、2人の男性からマッサージ「私生活でもやって欲しい」
[00:00 8/28] エンタメ
さんま『さんまのまんま』終了理由「制作費」と明かすも、 実は別に理由が?
[23:55 8/27] エンタメ
「PINコード」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[23:04 8/27] スマホとデジタル家電