FIFA新会長はインファンティーノ氏に決定…2度目の投票で過半数獲得

FIFA新会長に選出されたインファンティーノ氏 [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)は26日、スイス・チューリッヒで会長選を行い、イタリアとスイスの二重国籍を持つジャンニ・インファンティーノ氏が新会長に選出された。

 2015年5月29日に行われた前回の会長選では、ゼップ・ブラッター氏が5期目となる再選を果たした。しかし、直前に発覚したFIFA幹部の汚職問題などで多くの批判を浴びたため、同会長は4日後に「FIFAには大きな改革が必要だ」とし、辞意を表明。後任を決める選挙が実施されることになった。

 選挙は、当初5名が立候補していたものの、投票直前に南アフリカのトーキョー・セックスウェール氏が辞退し、4名の候補者によって争われた。

 2度に渡る投票の結果、インファンティーノ氏が207票中115票を集め、初当選を遂げた。同新会長はUEFA(欧州サッカー連盟)の事務局長を務めており、同連盟が就任を支持。W杯出場国を40カ国までに拡大し、新興国にサッカーを普及することを公約に掲げていた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事