ASUS、Radeon R9 Nano搭載のホワイトカラーグラフィックスカード

 

ASUSTeK Computerは26日、AMD Radeon R9 Nanoを搭載するグラフィックスカード「R9NANO-4G-WHITE」を発表した。2月26日に発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は税込84,000円前後。

R9NANO-4G-WHITE

AMD Radeon R9 Nanoを搭載し、基板を保護するカバーがホワイトになっているハイエンドグラフィックスカード。GPUクーラーを除くすべての部品の取り付けを機械による自動式で行っており、人の手では実現できない高い製造精度を達成している。また、従来は2回行う必要があった基板の加熱工程を1回にすることで、製造時の性能劣化を抑制している。フラックスの利用も廃止されており、製品の耐久性も向上している。

リアルタイムハードウェアモニタリングツール「GPU Tweak II」に対応し、Windows上から手軽にオーバークロック可能。このほか、ゲーム配信ツール「XSplit Gamecaster」が付属する。ASUSのオリジナル機能として、「GPU Tweak II」で保存したプロファイルをゲーム中に選択可能。1年間のPremiumライセンスも付属する。

主な仕様は、コアクロックが1,000MHz、ストリーミングプロセッサ数が4,096基、メモリクロックが500MHz、メモリが4,096bit接続のHBM 4GB。PCとの接続バスインタフェースはPCI Express 3.0 x16。映像出力端子はHDMI×1、DisplayPort×3。補助電源は8ピン×1。本体サイズはW152×D114×H38mm(2スロット専有)。

上面

背面

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事