ドスパラ、ノンリニアビデオ編集ソフトが快適に動く専用PC4モデル

 

サードウェーブデジノスは26日、ノンリニアビデオ編集ソリューション「DaVinci Resolve 12」、およびVFX/モーショングラフィックスソフト「Fusion 8」が動く専用PC4モデルを発表した。ラインナップはエントリーモデル2機種とハイエンドモデル2機種。PCショップ「ドスパラ」で販売開始し、価格は税別159,980円から。

Blackmagic Designのノンリニアビデオ編集ソリューション「DaVinci Resolve 12」、VFX/モーショングラフィックスソフト「Fusion 8」を扱うためにデザインされたPCで、いずれもBlackmagic Designが監修。OSは全機種Windows 10 Homeを搭載する。

エントリーモデル「raytrek QSF960HE DaVinci/Fusion Entry」

ハイエンドモデル「raytrek QSF980HGS DaVinci/Fusion Highend」

ノートPCのエントリーモデル「raytrek QSF960HE DaVinci/Fusion Entry」の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-6700HQ(2.60GHz)、チップセットがIntel HM170、メモリが16GB、ストレージが250GB M.2 SSD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 960M 2GB、ディスプレイが15.6型ワイド(1,920×1,080ドット)、光学ドライブがブルーレイディスクドライブなど。この構成で、価格は税別159,980円。

ノートPCのハイエンドモデル「raytrek QSF980HGS DaVinci/Fusion Highend」では、上の仕様からディスプレイが17.3インチ(1,920×1,080ドット)でG-SYNC対応、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 980M 8GB、ストレージが250GB M.2 SSD+1TB SATA HDDとなり、価格は税別299,980円。

エントリーモデル「raytrek-V XF DaVinci/Fusion Entry」

上位モデル「raytrek-V ZI DaVinci/Fusion Highend」

デスクトップPCのエントリーモデル「raytrek-V XF DaVinci/Fusion Entry」の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-6700(3.40GHz)、チップセットがIntel H170、メモリが16GB、ストレージが450GB SATA3 SSD+2TB SATA3 HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 970 4GB、光学ドライブがブルーレイディスクドライブなど。この構成で、価格は税別197,980円。

デスクトップPCのハイエンドモデル「raytrek-V ZI DaVinci/Fusion Highend」では、上の仕様からCPUがIntel Core i7-6700K(4.00GHz)、チップセットがIntel Z170、メモリが32GB、ストレージが480GB SATA3 SSD+960GB SATA3 SSD+3TB SATA3 HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 980 Ti 6GB、光学ドライブががブルーレイディスクドライブなどに変更される。この構成で、価格は税別379,980円。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

【レビュー】Windows 10 Insider Previewを試す(第57回) - 今月6回目のビルドアップ! ビルド14376登場
[14:27 6/29] パソコン
終電を逃したとき、いくらまでならタクシーに乗りますか?
[14:14 6/29] マネー
"日本一かわいいコスプレイヤー"御伽ねこむ、漫画家・藤島康介と31歳差婚、妊娠も発表
[13:52 6/29] ホビー
表裏両面の変換効率がほぼ同じ高効率な太陽電池を開発 - imec
[13:50 6/29] テクノロジー
「Salesforce Lightning for Outlook」がリリース
[13:49 6/29] 企業IT