全TRAKTORユーザーがStemsを利用可能に-65曲のStemsトラックも無償配布

 

Native Instrumentsは、最新のアップデートにより、すべてのTRAKTORユーザーがStemsを利用可能になったと発表。また、同時に65曲のStemsトラックも無償で配布が開始された。

Stemsへの対応を可能にするTRAKTOR用最新アップデートが登場。ウェブサイトにて配布される65曲の無償Stemsトラックで、手軽にミックスを始められる

Stemsとは、同社が2015年に発表したマルチ・チャンネルのオーディオファイル。TRAKTOR最新バージョンでは「Stem View」が新たに導入され、「Stem Deck」には4つのトラックが表示されるようになった。これにより、TRAKTORユーザーは、トラックのステム(例えばドラム、ベース、メロディー、ボーカルなど)を、別々にミックスすることができる。

さらに、キーとビート検出の機能も向上しており、Mac OS Xでは新しく日本語表示への対応が行われている。本アップデートは、NI Service Centerから無料で入手が可能。さらに、同社ウェブサイトでは、65曲分の無償Stemsトラックのダウンロードも行える。

人気記事

一覧

新着記事

女性がお風呂場で入浴以外にしていること
[12:10 6/30] ヘルスケア
【連載】ミラノサローネの「若手の登竜門」に挑む 第2回 デザイナーの登竜門に挑戦!そこでぶち当たった「ミラノの壁」
[12:05 6/30] テクノロジー
「ニフティクラウド IoTデバイスハブ」のトライアルα版が提供開始
[12:05 6/30] 企業IT
【連載】胎児もつらいよ! 第2回 壮大な軌跡に老けこむ……
[12:04 6/30] ライフスタイル
【コラム】胎児もつらいよ! 第1回 わたし、神さまに出会う
[12:04 6/30] ライフスタイル