全TRAKTORユーザーがStemsを利用可能に-65曲のStemsトラックも無償配布

 

Native Instrumentsは、最新のアップデートにより、すべてのTRAKTORユーザーがStemsを利用可能になったと発表。また、同時に65曲のStemsトラックも無償で配布が開始された。

Stemsへの対応を可能にするTRAKTOR用最新アップデートが登場。ウェブサイトにて配布される65曲の無償Stemsトラックで、手軽にミックスを始められる

Stemsとは、同社が2015年に発表したマルチ・チャンネルのオーディオファイル。TRAKTOR最新バージョンでは「Stem View」が新たに導入され、「Stem Deck」には4つのトラックが表示されるようになった。これにより、TRAKTORユーザーは、トラックのステム(例えばドラム、ベース、メロディー、ボーカルなど)を、別々にミックスすることができる。

さらに、キーとビート検出の機能も向上しており、Mac OS Xでは新しく日本語表示への対応が行われている。本アップデートは、NI Service Centerから無料で入手が可能。さらに、同社ウェブサイトでは、65曲分の無償Stemsトラックのダウンロードも行える。

人気記事

一覧

新着記事

Parrot、80km/hで飛行可能な固定翼ドローン「Parrot Disco」を発表
[17:44 9/27] テクノロジー
小林麻耶、意外な一面を告白「イメージとは違い...甘えるのが苦手」
[17:44 9/27] エンタメ
外国人観光客、ランチ平均単価は1,644円 - 最も高額なのはどの地域の人?
[17:32 9/27] マネー
公共料金の「ビットコイン払い」が可能に!? - まずは"電気代"から
[17:28 9/27] マネー
ふるさと納税を申し込んだ理由、1位は?
[17:27 9/27] マネー