Ruby 2.0.0サポート終了

Ruby - A Programmer's Best Friend

Rubyコミュニティは2月24日、「Support plans for Ruby 2.0.0 and Ruby 2.1」において、以前からのアナウンス通り、同日をもってRuby 2.0.0系のサポートを終了すると発表した。Ruby 2.0.0系に関しては今後バグ修正や脆弱性修正のパッチがリリースされることはなく、Rubyコミュニティは同バージョンの利用者に対して、可能な限り迅速にRuby 2.3系またはRuby 2.2系へアップグレードすることを推奨している。

Rubyコミュニティは2016年3月末にRuby 2.1系の最新版となるRuby 2.1.9のリリースを予定している。このバージョンがRuby 2.1系の最後のメンテナンス・フェーズからのリリースになる見通しで、以降Ruby 2.1系はセキュリティメンテナンス・フェーズへ移行するとしている。セキュリティメンテナンス・フェーズでは脆弱性の修正のみが実施され、バグ修正などのパッチは提供されなくなる。

RubyコミュニティはRuby 2.0.0系からアップグレードすることができない妥当な理由がありRuby 2.0.0系のメンテナンスの継続を希望する場合には、ruby-coreメーリングリストにその旨を伝えてほしいとしている。現在Ruby 2.0.0系または2.1系を使っている場合は、Ruby 2.3系またはRuby 2.2系などより新しいバージョンへ移行することが望まれる。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事