主審に拍手のインテルMFコンドグビア、処分軽減…ユーヴェ戦出場可

 

主審に皮肉を込めた拍手を送ったコンドグビア(右)[写真]=Inter via Getty Images

 日本代表DF長友佑都の所属するインテルは25日、フランス代表MFジョフレイ・コンドグビアへの処分が軽減されたと、クラブ公式HPを通じて発表した。

 コンドグビアは14日に行われたセリエA第25節のフィオレンティーナ戦で試合終了直後に主審へ向けて皮肉を込めた拍手を送り、レッドカードを提示されて2試合の出場停止が言い渡されていた。しかし、インテルはこの処分を不服として上訴。出場停止は1試合に減らされた。

 28日に行われる第27節で、インテルは首位ユヴェントスとの大一番を迎える。コンドグビアは20日のサンプドリア戦で出場停止を消化したため、ユヴェントス戦の出場停止は可能となっている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー