3.5cm角のキューブ型アクションカメラ「Polaroid CUBE+」

 

Polaroidは2月25日、手のひらサイズのアクションカメラ「Polaroid CUBE+」を発表した。ブラック、レッド、ブルーの3色を用意。4月中旬より発売する。価格は19,800円(税別)。

Polaroid CUBE+

Polaroid CUBE+は、3.5cm角のキューブ型ライフアクションカメラだ。画角124度の広角レンズを搭載。800万画素の静止画や1440p/30fpsの動画を撮影できる。また、ブレや揺れを補正して画像を安定させる機能を備えている。データの記録にはmicroSDメモリーカード(最大128GB対応)を使用する。

Wi-Fi機能を内蔵し、スマートフォンとの接続が可能。専用アプリを使うことで、写真の編集、構図の確認、保存、印刷などの操作を行える。本体底面にマグネットを内蔵し、金属表面にマウント可能。最大録画時間は約107分(720p)。本体サイズはW35×D35×H35mm、重量は約190g。オプションとして、ヘルメットマウントや防水ケースを用意する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

対話で献立を相談、ご飯とおかずを同時に作る - シャープのIoTオーブン「ヘルシオ」を使ってみた
[11:30 7/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】脱・PCメール! 「ビジネス版LINE」でキャリア認定ショップにおけるコミュニケーションの課題を解決
[11:30 7/26] 企業IT
【連載特別企画】5分でわかる! フラッシュストレージの基礎講座 第2回 キャッシュとストレージの違いは?
[11:30 7/26] 企業IT
自社運用が必須条件の西鉄グループはどのサンドボックスを選んだのか?
[11:30 7/26] 企業IT
夏休み中の男の子に着せたい! ユニクロのオススメ・キッズ夏服4選
[11:30 7/26] ライフスタイル