3.5cm角のキューブ型アクションカメラ「Polaroid CUBE+」

 

Polaroidは2月25日、手のひらサイズのアクションカメラ「Polaroid CUBE+」を発表した。ブラック、レッド、ブルーの3色を用意。4月中旬より発売する。価格は19,800円(税別)。

Polaroid CUBE+

Polaroid CUBE+は、3.5cm角のキューブ型ライフアクションカメラだ。画角124度の広角レンズを搭載。800万画素の静止画や1440p/30fpsの動画を撮影できる。また、ブレや揺れを補正して画像を安定させる機能を備えている。データの記録にはmicroSDメモリーカード(最大128GB対応)を使用する。

Wi-Fi機能を内蔵し、スマートフォンとの接続が可能。専用アプリを使うことで、写真の編集、構図の確認、保存、印刷などの操作を行える。本体底面にマグネットを内蔵し、金属表面にマウント可能。最大録画時間は約107分(720p)。本体サイズはW35×D35×H35mm、重量は約190g。オプションとして、ヘルメットマウントや防水ケースを用意する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

リニア、デュアル入力モノリシック電源プライオリタイザ「LTC4420」を発表
[10:50 9/1] テクノロジー
Windows 10 Insider Preview、ビルド14915で「配信の最適化」が向上
[10:49 9/1] パソコン
リニア、60V同期整流式降圧バッテリチャージャコントローラ「LTC4013」
[10:31 9/1] テクノロジー
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (10) time要素の使い方
[10:30 9/1] 企業IT
ドコモショップで生命保険の販売がスタート、通信会社は何を狙うか
[10:30 9/1] 経営・ビジネス