米Microsoft、モバイルアプリ開発環境の「Xamarin」の買収を発表

米Microsoftは2月24日(現地時間)、クロスプラットフォーム対応モバイルアプリ開発ツール米Xamarinを買収したことを発表した。

Xamarinは、iOSやAndroid OS用のネイティブアプリをC#とVisual Studioを組み合わせて開発できる環境を提供している。MicrosoftとXamarinは、これまでVisual StudioやMicrosoft Azure、Office 365などの製品開発についてさまざまなパートナーシップを築いていたが、買収により、より完全な形でアプリケーションの開発、テスト、配信、調整が行えるソリューションを提供していきたいとしている。

なお、今回の買収に関し、金銭的条件については明らかにしていない。詳細な計画は、Microsoftが3月末に開催する「Build 2016」で発表する予定だ。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事