「グラブル」問題、期間内にガチャで使った全額を「宝晶石」で返還

 

スマートフォン向けゲームアプリ「グランブルーファンタジー」を運営するサイゲームスは25日、同アプリに関する一連の報道を受け、「今後の方針に関するお知らせ~安心してゲームを楽しんでもらうための4つの取り組み~」と題する発表をユーザーに向けて行った。

「グランブルーファンタジー」ロゴ

「グランブルーファンタジー」では、2015年末から2016年始にかけて課金ガチャ(ゲーム内でのくじ引き)イベントを開催していた。同イベントで排出されるとしていたアイテムの獲得を望むユーザーが、多額の金銭を使っても手に入れることができず、インターネットを中心に話題となり、多くのメディアが報道する事態となっていた。

こうした一連の報道を受け、サイゲームスは声明を発表。それによると、以下の4つの取り組みを順次行っていくという。

  • ガチャの利用回数が300回を超えた場合、好きなアイテムが獲得可能

対象となるガチャの利用回数が300回に到達した際、排出されるアイテムのなかから任意のアイテムを獲得できる。なお、300回に到達した後の回数はリセットされる。

300回に到達すると任意のアイテムを獲得できる

  • ゲーム内コイン「宝晶石」などの配布・返還

全ユーザーを対象にガチャで利用できる「宝晶石」を3,000個提供する。また、2015年12月31日19時から2016年1月7日18時59分の間に、「初心者限定ステップアップガチャ」、「レジェンドガチャ」、「レジェンド10連ガチャ」をモバコインまたはグラブルコインで利用した全額分を「宝晶石」として返還。これら、「宝晶石」の配布日程および詳細は別途通知するとのこと。

配布される「宝晶石」の詳細

  • アイテムと交換可能な「ムーン」3種類を導入

  • キャラクターの能力調整

サイゲームスは、発表した声明文のなかで、上述の対応策をアナウンスするとともに、ユーザーに対し、迷惑をかけたとして謝罪している。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

想像を超える風景! 北海道「ファーム富田」のラベンダーにまた会いたくなる
[10:00 7/28] 趣味
2016年夏ドラマ、傾向分析&オススメ5作発表! - リオ五輪を控える「逆境の夏」にイチかバチかの大勝負
[10:00 7/28] エンタメ
H-IIBロケット6号機がプレス公開 - 交換用バッテリ等を宇宙ステーションへ運ぶ
[10:00 7/28] テクノロジー
ワイヤレスキーボードから入力内容を窃取、75m先からも可能
[09:53 7/28] 企業IT
ジョージ・ハリスンの未発表曲がリリースへ
[09:48 7/28] エンタメ