オージス総研、AWSの利用状況を監査支援するサービスを提供

 

オージス総研は2月25日、ログ収集分析サービス「sumologic」を用いて、アマゾン ウェブ サービス(AWS)の利用状況を監査支援するサービス「セキュリティログあんしんパック」の提供を開始すると発表した。

同サービスでは、セキュリティ監査に関するアラートを通知するほか、「自動メールによる日次レポート(HTML形式)」「ログ検索・閲覧機能、ダッシュボード」を提供する。

監視するログは、AWSの各種ログに加え、踏み台サーバの操作ログ(/var/log/secure、/var/account/pact)、データベース(RDS)、ストレージ(S3)のログに対応。

ログによって監査できるイベントが異なり、例えば、AWSリソースに対する操作ログ「AWS CloudTrail」については、「ユーザグループ、ロールの作成、変更、削除時にアラート通知」「ネットワークACL、セキュリティグループ、EIP付与などネットワークに関する追加、変更、削除時にアラート通知」「EC2、RDSインスタンスの作成、変更、削除時にアラート通知」「S3バケットの作成、削除、ポリシー変更時にアラート通知」といったことが行える。

価格は、ログの保存量、保管期間に応じて異なり、初期費用は10万円、月額費用は9万8000円からとなっている(いずれも税別)。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事