「実は私は」×「吸血鬼すぐ死ぬ」、吸血鬼マンガコラボが週チャンに

 

増田英二&盆ノ木至「実は私は×吸血鬼すぐ死ぬ」より。

増田英二「実は私は」と盆ノ木至「吸血鬼すぐ死ぬ」のコラボマンガが、本日2月25日に発売された週刊少年チャンピオン13号(秋田書店)に掲載されている。

「実は私は」は隠しごとが苦手な男子高校生・黒峰朝陽と、正体が吸血鬼であるヒロインの白神葉子を始めとした人外ヒロインたちが織り成すラブコメディで、昨年にはアニメ化もされた。「吸血鬼すぐ死ぬ」はその名の通り、ちょっとしたダメージですぐ死んでしまうザコ吸血鬼ドラルクと、吸血鬼退治人・ロナルドを中心としたドタバタギャグ。

吸血鬼が登場する作品がひとつの雑誌に2作連載されていることから実現した今回のコラボマンガでは、白神の通う学校になぜかドラルクが転校してくることから騒動が巻き起こる。またカラー扉では白神がドラルクのコスプレを披露しているのでこちらも注目だ。

なお安部真弘「侵略!イカ娘」は今号で完結し、単行本最終22巻が5月に発売。同じく最終回を迎えた木々津克久「兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿」は6巻が3月8日、最終7巻が5月7日に発売される。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

世界各国の事情から考える日本のタバコの喫煙マナーのレベル
[10:00 6/25] ヘルスケア
パソコン工房でRadeon RX 480搭載カードを29日22時販売開始
[10:00 6/25] パソコン
加藤綾子と長友佑都が初共演した『アサヒ オフ』の新CM放映開始
[10:00 6/25] ヘルスケア
[おそ松さん]オールフリーのキャンペーン告知動画第4弾は一松 孤独に一杯
[09:00 6/25] ホビー
[夏のドラマ見どころ]人気女優続々“オンナのお仕事”もの 波瑠は変人刑事、北川景子はスーパーウーマン、松嶋菜々子は営業部長
[09:00 6/25] エンタメ

本音ランキング